この記事は公開から6カ月以上経過しています

交通のスマート化で2025年までに全世界で2770億ドルの経済損失圧縮 英調査会社が試算

タグ: /
公開日:2021/02/25
  • イギリスの調査会社Juniper Researchがこのほど、交通マネジメントのスマート化が都市経済にもたらす効用に関する新たな予測を発表した。
    これによると、排ガスや混雑が抑制されることにより、2025年までに全世界で約2770億ドル(約29兆1千億円)の経済的ロスの減少につながるとされている。
  • 今回の予測においては、財政負担を抑える手掛かりとなる技術として、とくに交差点のスマート化に着目。これにより2025年までに、自動車の利用者一人当たり、通行にかかる時間が年間で33時間減少することになると見込んでいる。
  • 交差点のスマート化とは、車の通行量の多い地域などで、インターネットとの接続やAIに基づく自動化を図ることにより、リアルタイムのデータに基づいて交通の流れを監視・管理して、道路混雑がもたらす時間の無駄を減少させようとするもの。今回の予測では、圧縮されるとしているロス2770億円のうち、95%以上が混雑の緩和によりもたらされるとの試算になっている。
  • 見込まれる経済損失圧縮の大きい地域は北米とヨーロッパで、全体の75%を占める。交通マネジメントのスマート化への投資が増加していることと、自動車の利用率が高いことをその理由として挙げている。

詳細

Smart traffic tech to save cities $277bn by 2025

https://www.smartcitiesworld.net/smart-cities-news/smart-traffic-tech-to-save-cities-277bn-by-2025-6117

記事をシェアする