『福祉と住宅をつなぐ』『MaaSが都市を変える』が第12回不動産協会賞を受賞しました

公開日:2022/03/14/最終更新日:2022/04/18

福祉と住宅をつなぐ 課題先進都市・大牟田市職員の実践』と、『MaaSが都市を変える 移動×都市DXの最前線』の2作品が、第12回不動産協会賞の受賞作に選ばれました。

一般社団法人不動産協会が主催する同不動産協会賞は、「不動産協会の社会貢献活動の一環として、日本経済や国民生活に関する著作物の中から、世の中の多くの方々に読んでいただくことにより、当協会が直面する幅広い課題についてご理解をいただくのに資する著作物を表彰する」(公式サイトより)ものです。

福祉と住宅をつなぐ』著者の牧嶋誠吾さんは、受賞の吉報を受け、

第12回不動産協会賞受賞、大変光栄に思っております。

一見関係がなさそうに見える「住宅」と「福祉」ですが、「福祉」を「暮らし」に読み替えると、それぞれの垣根はなくなり、そこには新たな政策機会やビジネスチャンスが無限に広がっています。それを可能にするのが、「官民協働」「多職種連携」「パートナーシップ」というキーワードです。

本書は、少子超高齢化・人口減少縮退社会が進展するマチの元公務員だった筆者が、現場に足を運び、現場から学び、公務員としてなしうる仕事の可能性を綴ったものです。地方自治に携わる人たちに元気を与えられたら幸いです。

とコメント。

また『MaaSが都市を変える』の著者・牧村和彦さんは今回の受賞について、

第12回不動産協会賞というたいへん名誉ある賞を受賞できたこと、心から嬉しく思います。

MaaSやモビリティ革命は交通の話だと捉えられがちですが、モビリティ革命はまちづくりそのものであり、街に大きなインパクトを及ぼしていくとの強い思いから、筆を取りました。

Covid-19で人々の移動に対する価値観も大きく変わる中、本書がこれからのまちづくりへの具体的なヒントとなり、希望の光になれればと願っております。

と喜びを語りました。

 

なお学芸出版社の刊行物の受賞歴は以下の通りです。

第12回不動産協会賞について

関連

記事をシェアする