このイベントは終了しています

【終了】分断から包摂へ。ドイツとアメリカ、都市のクリエイティビティ(2020/11/18|京都・オンライン)

このイベントの主催者:学芸出版社
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

 

格差が広がるアメリカで、富裕層のためではなく取り残された地域を再生するための方策を提言した『分断された都市』。ドイツ・ライプツィヒに大量出現した空き家と空き地で、生き生きと活動し都市をよみがえらせる「素人」たちの蠢きを描いた『都市の〈隙間〉からまちをつくろう』。ロックダウンから半年、欧米の議論や先取りされた施策を振り返り、アフターコロナ時代の都市デザインを論じる『コロナで都市は変わるか』。オーバーツーリズムに直面した欧州・国内8都市の対応をルポ的に紹介し、コロナ禍後に地域の包摂力を高める観光に導く方策を提言する『ポスト・オーバーツーリズム』。11~12月にかけて刊行予定の4冊の合同出版イベント!

それぞれの著者(訳者)である山納洋さん、大谷悠さん、阿部大輔さんをお招きし、世界を覆う困難に立ち向かう海外諸都市の知恵やアイデアをシェアする一石四鳥の一夜です。

空き家空き地問題、人口減少・高齢社会と社会保障費増大、パンデミック、移民難民、ジェントリフィケーション、ポスト・オーバーツーリズム……アメリカの華やかな賑わいに隠れた分断の現状、分断を包摂するドイツの試み、コロナ対策によって分断を強化しかねない危惧。山積みの課題をあの手この手で乗り越える実践と提言から、日本の都市再生につながるヒントを探ります。

◎こんな人におすすめ

  • 空き家・空き地問題や不動産、ジェントリフィケーション問題に興味がある
  • 住民主体の場づくりに興味がある
  • パンデミックが都市デザイン手法を再形成するのかに興味がある
  • アフターコロナや世界の都市情勢に興味がある

概要

日時:2020年11月18日(水)19時~21時
場所:学芸出版社3階タイルギャラリー京都/オンライン
定員:会場20名/オンライン70名
入場料(税込):

peatixチケット

①『分断された都市』+イベント参加券(zoom参加/会場参加) 3850円
②『都市の〈隙間〉からまちをつくろう』+イベント参加券(zoom参加/会場参加) 2420円
③『コロナで都市は変わるか』(※イベント終了後の発送となります)+イベント参加券(zoom参加/会場参加) 2420円

④3冊セット+イベント参加券  8690円

⑤オンラインイベント参加券のみ(書籍購入なし) 1200円
⑥リアルイベント参加券のみ(書籍購入なし):1200円(※参加費当日支払、peatix申し込み時は無料)

お申込み:

https://20201118-3books-event.peatix.com/view

登壇者プロフィール

山納 洋

1993年大阪ガス入社。神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町、大阪21世紀協会での企画・プロデュース業務を歴任。2010年より大阪ガス近畿圏部において地域活性化、社会貢献事業に関わる。現在同社近畿圏部都市魅力研究室室長。一方でカフェ空間のシェア活動「common cafe」「六甲山カフェ」、トークサロン企画「Talkin’About」、まち観察企画「Walkin’About」などをプロデュースしている。2018年~2019年6月まで米ハーバード大学に留学。主な著書・訳書に『common cafe』(西日本出版社、2007年)、『カフェという場のつくり方』(学芸出版社、2012年)、『つながるカフェ』(学芸出版社、2016年)、『地域プロデュース、はじめの一歩』(河出書房新社、2018年)、『歩いて読みとく地域デザイン』(学芸出版社、2019年)、『分断された都市 再生するアメリカ都市の光と影』(学芸出版社、2020年)

 

阿部大輔

龍谷大学政策学部教授。1975年生まれ。早稲田大学理工学部土木工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程、博士課程修了。博士(工学)。政策研究大学院大学、東京大学都市持続再生研究センターを経て、現職。単著に『バルセロナ旧市街の再生戦略』(2009、学芸出版社)、編著に『小さな空間から都市をプランニングする』(2019、学芸出版社)、『アーバンデザイン講座』(2018、彰国社)、共著書に『CREATIVE LOCAL エリアリノベーション海外編』(2017、学芸出版社)、『コロナで都市は変わるか 欧米からの報告』(2020刊行予定、学芸出版社)『ポスト・オーバーツーリズム』(2020刊行予定、学芸出版社)ほか

 

大谷 悠

まちづくり活動家。1984年東京生まれ。2010年単身渡独、2011年ライプツィヒの空き家にて仲間とともにNPO「日本の家」を立ち上げ、以来日独で数々のまちづくり・アートプロジェクトに携わる。2019年東京大学新領域創成科学研究科博士後期課程修了、博士(環境学)。同年秋から尾道に在住、「迷宮堂」共同代表として空き家に住みながら改修し、国籍も文化も世代も超えた人々の関わり合いの場にしようと活動中。ポスト高度成長とグローバリゼーションの時代に、人々が都市で楽しく豊かに暮らす方法を、欧州と日本で研究・実践している。著書に『都市の〈隙間〉からまちをつくろう ドイツ・ライプツィヒに学ぶ空き家と空き地のつかいかた』(2020、学芸出版社)、共著書に『CREATIVE LOCAL エリアリノベーション海外編』(2017、学芸出版社)ほか

関連書

11月1日発売

『分断された都市 再生するアメリカ都市の光と影』アラン・マラック 著 山納洋 訳

11月5日発売

『都市の〈隙間〉からまちをつくろう ドイツ・ライプツィヒに学ぶ空き家と空き地のつかいかた』大谷悠 著

12月10日発売(※イベント当日は予約受付のみとなります)

『コロナで都市は変わるか 欧米からの報告』矢作 弘・阿部 大輔・服部 圭郎 他著

12月19日発売(※イベント当日は予約受付のみとなります)

『ポスト・オーバーツーリズム 界隈を再生する観光戦略』阿部大輔 編著

記事をシェアする