建築・都市・まちづくりの分野で本を出版している学芸出版社が、さまざまな角度からおすすめの書籍をピックアップ。ぜひあなたに合う一冊を見つけて、様々な読み合わせを楽しんでみてください。

2011年3月11日に発生した東日本大震災やそれに伴う福島第一原子力発電所の事故は、エネルギーをめぐる制度や政策のありように大きな変化をもたらしました。 ここでは、3.11以降に発行された、環境やエネルギーに関連する書籍 […]
続きを読む

場を豊かにする緑の見方・使い方 建築や地域の環境を考えるとき、庭や緑の空間が大きな力を発揮します。 ここでは建築の植栽のデザインから日本庭園の見方、さらには公園や森といった地域スケールの緑まで、緑にまつわる様々なことを知 […]
続きを読む

優れた先行事例に学ぶ 現代において建築やランドスケープをつくるためには、平面・断面・矩計図などの図面が欠かせません。 ひとたびプロパーの目を通せば、たったの線だけで構成されている図面たちが、さまざま声で語りだすことでしょ […]
続きを読む

一流を目指すなら一流から学ばなくては 建築やデザインの一流を目指すなら、その道の一流に直接教えをこうのが一番の近道です。まずは一流の技を学び、実践のなかで洗練させ、自分のものにしていく。しかし、これまでにない新しいものを […]
続きを読む

リスクを抑えて心身の健康を維持するために 新型コロナウイルス感染症の終息はいまだ見通せない状況が続き、日常生活においても、いわゆる“三密”を避ける行動が引き続き求められています。 一方で、心身の健康を維持するためには適度 […]
続きを読む

スムーズに仕事ができる現場づくりのために 常に臨機応変な対応が求められる建設現場。円滑なコミュニケーションを行い、トラブルを回避することは、現場で働く方すべてに共通するテーマです。ここでは、若手に役立つ入門書から、全体を […]
続きを読む

  隣の芝生は青い? 建築・まちづくり分野といっても仕事の内容は千差万別。さらに、日々蔓延する感染症禍にも助長され、いまや人の数だけ働き方がある時代です。きっと、自分の仕事を見つめ直す機会になった人も多いはず。 […]
続きを読む

地震や台風、豪雨をはじめとする天災による被害が毎年相次いでいます。同時に、交通事故や火災など、人々の営みにより密接にかかわる要因により、まちそのもののありようやそこで暮らす人の生活が脅かされる事態も少なくありません。さら […]
続きを読む

訪れたくなる街、住みたくなる街になるには 少子高齢化のなかで地域を持続可能にしてゆくためには、観光などで実際に訪れたり、事業を起こしたり、場合によっては移り住んだりする人を街に増やしてゆくことが必要です。もちろん、すでに […]
続きを読む

どんな街なら健康な生活が送れるだろう? 自分が居を構える街がどのような環境になっているかによって、日々の暮らしの充実度が大きく変わってくることは言うまでもありません。“人生100年時代” の今、健やかな生活を長く送ること […]
続きを読む

3年経ったなぁ…と思ったら。 何度か現場を経験して、失敗しながらも段々と仕事を身につけてきた入社3年目。少しだけ余裕が出てきたかも…?という建築設計事務所の若手におすすめの11冊を集めました。   1.関係者す […]
続きを読む

暮らしのあり方も大きく変わる? 公共空間としての道路の活用可能性の模索やテクノロジーを活かした効率的なシステムの研究開発など、交通・移動をめぐる動向は大きな転換期にあります。 国内外の交通にかかわる基礎知識から先進的な取 […]
続きを読む

建築・都市・まちづくりの分野を問わず、U35世代がいまどんな取り組みをしているのか、とことん知りたい方へ。彼ら・彼女らの同世代の方はもちろん、先輩世代は後輩たちの意欲的な活動を知るきっかけに、後輩世代はさらに新しい取り組 […]
続きを読む

「地域の魅力を高める観光」に取り組むために よりよい観光のためのヒントを得たい人、もてはやされている観光のあり方に疑問を抱いている人、地域と共存できる観光に必要なポイントを知りたい人の役に立つ本をさまざまな角度から集めて […]
続きを読む

世界の先進都市をめぐりたい人へ 国内外の街をめぐりたいと思っているけれど、ありきたりなガイドブックでは飽き足りない! 魅力的な街をつくり、支えているしくみまで深く知ってみたい! そんな人におすすめの本を集めました。 1. […]
続きを読む

まずはこの中から“はじめの1冊”を見つけよう。 これから地域づくりについて学んでゆくうえでのテーマを探している人、「そもそもまちづくりって? 地域活性化って?」という第一歩から考え直したい人、すでに取り組んでいる地域での […]
続きを読む