この記事は公開から6カ月以上経過しています

この募集は終了しています

「ソトノバ・アワード2021」公募開始 日本の屋外パブリックスペースのプロジェクトを表彰(締切:2022/3/10(木))

タグ: / / /
公開日:2022/02/10

今回で5度目の開催となるソトノバ・アワード2021。
新型コロナウイルスの感染拡大で、屋外パブリックスペースの価値が改めて問われている今だからこそ、パブリックスペースにおける取り組みを評価する「ソトノバ・アワード2021」を開催します。
パブリックスペースの情報不足について問題意識を持つ、パブリックスペース特化型ウェブマガジン「ソトノバ」。2015年11月のスタート以来、7年で750を超える記事を配信し、日本や世界各地でのソト空間を活用した事例を報じてきました。
規制緩和や人中心の場所づくり、サードプレイスの訴求などを背景に、パブリックスペース活用の可能性はますます広がっています。そこで今回、より一層のパブリックスペース利活用を推進するため、各地で取り組みを進める方々から広く事例を募集し、審査を経て講評するアワードの開催に至りました。
応募締切は2022年3月10日(木)、公開審査会(オンライン形式)は3月20日(日)を予定しています。
たくさんのご応募、お待ちしています。

概要

ソトノバアワードとは

ソトノバ・アワードとは、日本初のソト(屋外)空間全般を対象とした表彰プロジェクトです。日本のソトやパブリックスペースを豊かに楽しく活用するケースが増えている中で、議論に値するもの、一定の成果を挙げたもの、これからの展開が期待されるものなどの事例を表彰するために、2017年にソトノバが創設しました。

応募資格

利用者、およびプロジェクトの関係者 (所有者、運営者、設計者等)
※自薦他薦は問いません。ただし、他薦の場合は関係者との了解・調整の上、ご応募ください。

審査対象

  • 審査対象は、屋外空間(ソト)であり、パブリックスペースです。
  • ソトノバが捉えるパブリックスペースは、公民の敷地を問わず、ソト(屋外)の空間を対象としています。人々の居場所となり、アクティビティの生まれる、誰もが使える自由空間としてのパブリックスペースです。
  • 法的位置づけや空間区分、公民の所有は問いません。
  • 原則、現在もアクティビティのあるものとしますが、社会実験など一時的なものは応募締切から過去2年間までの実施されたものとします。

アワード部門

ソトノバ・アワードでは、以下の部門に分けて募集いたします。
後述の審査視点に基づき採点したのち、A-C各部門の優秀賞に対する横断的評価の上、最優秀者を「ソトノバ大賞」として選出します。なお、D部門については優秀賞のみ選出します。
※応募状況によって、該当なしの部門がでる可能性もあります。

A:プロジェクトデザイン|PROJECT DESIGN

地域やパブリックスペースの課題解決、魅力向上のために、プロジェクトに対するアプローチやプロセスに創意工夫が見られるもの
cf)プロセスデザイン、ビジョニング、仕組みづくり等

B:場のデザイン|PLACE DESIGN

先進的なパブリックスペースの整備やプレイスメイキング等、実際の空間を介して新しい価値を生み出す創意工夫が見られるもの
cf)ハード整備、プレイスメイキング等

C:実験のデザイン|PILOT DESIGN

期間限定の暫定利用やパブリックスペース活用、社会実験等のなかで、仮設ならではの実験的な創意工夫が見られるもの
cf)暫定利用、社会実験等

D:わたしのソトノバ|PERSONAL PROJECT DESIGN

部門A-C以外の個人的な取り組み、ソトを楽しむ活動
cf)バルコニーテラス利用、個人的な社会実験等、軒先屋台等

5つの審査視点

  • ソトノバ・アワードでは、ソトノ バのコンセプトである「ソト を居場所に、イイバショに! 」を実現する屋外空間を対象 に審査を行います。
  • ユーザーやアクティビストが「その空間を居場所だと感じるか、心地よいか」という主体的な評価と、その空間を使っている人や状態をみて共感・評価できるか」という客体的な評価両者の評価に対して、つぎの5つの視点から公正に審査します。
  1. 共感|Sympathy
  2. 独自性|Originality
  3. デザイン性|Design
  4. アクティビティ|Activity
  5. 持続性|Sustainability

審査員

泉山 塁威(一般社団法人ソトノバ共同代表理事/日本大学助教)
石田 祐也(一般社団法人ソトノバ共同代表理事/ishau代表)
小澤 亮太(一般社団法人ソトノバ共同代表理事/HOC代表)
田村 康一郎(一般社団法人ソトノバ共同代表理事/QUOLディレクター)
荒井 詩穂那(一般社団法人ソトノバ理事/首都圏総合計画研究所)
西田 司(ソトノバ・パートナー/オンデザインパートナーズ代表/東京理科大学准教授)

日時:

応募締切:2022年3月10日(木)
公開審査会(オンライン形式):3月20日(日)

会場:

オンライン

登録費:

部門A・B・C:30,000円(早割)、35,000円(一般)
部門D:3,000円(早割はありません)

詳細・申込はこちら

「ソトノバ・アワード2021」公募開始!日本の屋外パブリックスペースのプロジェクトを表彰

記事をシェアする