この記事は公開から6カ月以上経過しています

アメリカ連邦公共交通局が公共バスのインフラ向上のために総額4億6400万ドルの助成を決定 49州から計96事業を選定

タグ: /
公開日:2020/08/19/最終更新日:2021/02/03
  • アメリカ連邦公共交通局(FTA:Federal Transit Administration)が、国内のバスシステムの安全性や信頼を高め、乗客のスムーズな移動をより実現することを目的としたインフラ事業を対象に、全国で総額約4億6400万ドル(約491億4804万円)の助成を実施すると発表した。
  • 助成対象となるのは、バスや関係設備のほか、バスに関連する施設の更新や改装、購入など。同局には51の州・地域から合計で約18億ドルの申請があり、そのうち49の州・地域から計96の事業が選定された。ウェブサイトで一覧が公開されている。
  • このうちフロリダ州では、5つの事業で総額2780万ドルの助成を受けることが決定。電気駆動のバスの購入のほか、メンテナンス設備や一部地域のインフラ改良に充てられる。

詳細

U.S. Transportation Secretary Elaine L. Chao Announces $464 Million in Grant Awards Nationwide to Revitalize America’s Bus Infrastructure

https://www.transit.dot.gov/about/news/us-transportation-secretary-elaine-l-chao-announces-464-million-grant-awards-nationwide

記事をシェアする