この記事は公開から6カ月以上経過しています

国連世界観光機関 第3回世界ガストロノミーツーリズム スタートアップ・コンペティションを開催(申込締切:2022年2月28日)

タグ:
公開日:2022/01/20/最終更新日:2022/01/19

国連世界観光機関(UNWTO)が、「第3回世界ガストロノミーツーリズム スタートアップ・コンペティション」の募集要項を発表している。UNWTO駐日事務所のウェブサイトでは、日本語版の閲覧が可能。

観光庁によれば、ガストロノミーツーリズムとは「その土地の気候風土が生んだ食材・習慣・伝統・歴史などによって育まれた食を楽しみ、その土地の食文化に触れることを目的としたツーリズム」を指し、「地域の伝統や多様性をサポートするだけでなく、文化の発信、地方経済の発展、持続可能な観光の実現等にも資するもの」とされている。

3回目を迎える今回は、いずれもガストロノミーツーリズム分野を念頭に、「新しい技術」「地域への影響」「持続可能性と廃棄物」の3つのテーマを明示。関連する事業に取り組むスタートアップ企業の参加を募っている。

参加申込の締め切りは2022年2月28日で、5月に発表される優秀者には、UNWTO関連組織からのアドバイザリーや、スペインにあるバスク・クリナリー・センター(BCC)が運営するレストラン付きのラボ施設「LABe」の6カ月利用権などが与えられる。

前回のファイナリストには、食に関する体験を検索できるタイ発のオンラインプラットフォーム「Cookly」や、個人経営の飲食店の法人集客を支援するスペインのBtoBサービス「UpperEat」などが選出されている。

なお、UNWTOが毎年開催している国際会議「ガストロノミーツーリズム世界フォーラム」は、第7回となる次回が2022年6月に奈良県で開催されることになっている。これまでベルギーのブルージュ、スペインのサン・セバスティアンなどで開催されており、日本の都市が開催地となるのは次回が初めてとなる。

詳細


Cover Photo by Aarón Blanco Tejedor on Unsplash

記事をシェアする