この募集は終了しています

路上駐車スペースを小さな公園のように使う世界的ムーブメント「Park(ing)Day2022」開催地の公募がスタート(応募締切:2022年5月31日)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新の情報は、内閣官房のウェブサイトをご覧ください

タグ: /
公開日:2022/05/16

一般社団法人ソトノバが、1日限定で路上駐車スペースを小さな公園に変える取り組み「Park(ing)Day」を今年も開催するとして、開催地となる敷地提供者・団体の公募を開始している。締切は2022年5月31日(火)で、募集説明会が17日(火)19時からオンラインで開催される。

ソトノバは2019年より、パブリックスペースにおけるアクションの実践知や、タクティカル・アーバニズム・プレイスメイキングに関する思想や概念について学び、Park(ing)Dayの企画と実践を行うソトノバ・スタジオ|Park(ing)Dayクラスを開講。ソトノバ・スタジオは、ソトやパブリックスペースに関する能動的な学習としてソトノバが開催する人材育成講座です。

これまで得られた全国各地での実践知を元に、今年2022年もソトノバ・スタジオ|Park(ing)Dayクラスを開講します!

全国開催3年目を目指す今年は、過去3年間積み重ねてきたノウハウの共有と、開催地同士のネットワークづくりも目指します。

ストリートの活用を通して地域でアクションを起こしてみたい、全国各地の仲間と繋がり視野を広げてみたい。そんな想いのある団体のご参加をお待ちしています。

今回は、Park(ing)Dayクラスの開講に向け、開催地を募集します!
5月17日火曜日19時から、募集についての説明会もオンラインにて開催いたしますので、応募に際しての疑問・ご質問をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細

記事をシェアする