今日のGD|『色彩の手帳』刊行記念イベント(11.30|京都)ほか

公開日:2019/11/08/最終更新日:2019/11/12

まちの色を測る ─特徴をつくるもの・活かすもの
|『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』刊行記念
測色ワークショップ&トークショー

色彩計画家・加藤幸枝さんによる『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』。
第1部のワークショップでは、本書の第1項「これさえあれば」のように実際に日本塗料工業会の色見本帳を手にまちへ出て、さまざまなものの色を「測って」みます。測った色は会場に戻って集計し、そこから読み取れることを探ったり、実際に色彩計画にどのように反映させているか、等のレクチャーや意見交換を行います。
第2部ではワークショップも踏まえ、加藤さんにご講演いただきます。参加者の方々とも対話しながら、まちの特徴や個性のつくり方・活かし方をともに考えます。奮ってご参加ください。

━概要

日 時:2019年11月30日(土) 14:00~18:00
会 場:タイルギャラリー京都
▽詳細・申込み

まちの色を測る─特徴をつくるもの・活かすもの(2019/11/30|京都)

━プログラム・定員

○第1部 【測色ワークショップ】 14:00~15:30

定員20名(先着)/雨天中止(雨天の場合は第2部のみ、開催いたします)
※集合場所は後日指定します(学芸出版社より徒歩圏内)

○第2部 【トークショー】 16:00~18:00

定員50名(第2部からの参加も可能です)
※その後18:30頃より近くの会場にて懇親会(実費)を予定しています。

━講師

加藤幸枝|色彩計画家、有限会社CLIMAT取締役(『色彩の手帳』著者)

☆ 今日のまち座 ☆

「生きた文化的活動の舞台として計り知れない貢献」――首里城火災を受けて『歴史に学ぶ 減災の知恵』の著者・大窪健之さんにコメントをいただきました

記事をシェアする