イベント|『PUBLIC HACK』著者登壇@兵庫(11.15)

公開日:2019/10/30/最終更新日:2021/01/12

公共空間は“みんな”のもの。でも、“みんな”の中に“私”はいるでしょうか? まちは“みんな”のものであり、“私”のものだから、“私”が私らしく使う。それは“私以外のみんな”の事も考えて。

『PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う』の著者・笹尾和宏さんと、そんな「優しいまちの使い方」を学びます。

用がないなら“まち”に出よう
~PUBLIC HACKがまちの可動域を拡げる

『PUBLIC HACK』著者・笹尾和宏さんご登壇

━概要

  • 日 時:2019年11月15日(金)19~21時
  • 会 場:びぃぷらす前 兵庫県加古川市加古川町篠原町300 リトハ加古川1F
  • 参加費:一般 1500円、書籍『PUBLIC HACK』ご持参の方 1000円
  • 詳細・申込み:
    http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/mpbng7r1fxbi/cfv1tt6s/

━ゲスト

笹尾和宏│Kazuhiro Sasao

水辺のまち再生プロジェクト事務局。1981年大阪生まれ。大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻、経済学研究科経営学専攻修了。ともに修士。2005年から水辺のまち再生プロジェクトに参画し、大阪市内の河岸空間や橋の上、河川水域を活用したイベントを数多く実施。近年は、水辺をはじめ路上や公園、公開空地などの公共空間に視野を広げ、「自由使用」の視点にたった生活目線の実践・提案を行う。2007年株式会社大林組に入社、不動産開発・コンサルティングに従事。2015~2018年に出向、エリアマネジメントに従事。現在は育児のため休職中(2019年時点)。2017年よりNPO法人とんがるちから研究所研究員。地域の担い手育成のための調査・研究、演習を行う。
著書に『PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う』(学芸出版社)ほか。

記事をシェアする