イベント|『マルシェのつくり方、使い方』著者登壇@北海道(11.29)

公開日:2019/10/30/最終更新日:2019/11/12

地方創生が叫ばれる中、地域の素材を価値に変え、商品開発や観光の目玉にしていく必要があります。北海道美瑛町では観光と農業、東川町は写真の町として人気を獲得しています。しかし、こうした成功事例のような、素材を魅力から価値へ変えられている町はまだまだ少ない状況です。そこで今後、北海道東神楽町では地域商社を立ち上げ実施していくことを検討しています。

今回、その活動開始にあたり、東神楽町に不足している「観光」「宿泊」「ふるさと納税」「商品開発」の4つのキーワードを軸に、先進事例の実践者から学ぶ場を設けることにしました。どうやって地域に埋もれているヒト、モノ、コトを価値として捉えアウトプット、までもっていくのか、そのノウハウをお伝えします。

地域の価値の見つけ方、使い方セミナー
~実践者から学ぶ地域プロデュース論~

『マルシェのつくり方、使い方』著者・脇坂真吏さんご登壇

━概要

  • 日 時:2019年11月29日(金)14~17時(開場13時30分)
  • 会 場:東神楽町福祉会館2F 北海道上川郡東神楽町北1条西1-1-13
  • 参加費:無料
  • 主 催:東神楽町
  • 詳細・申し込み:
    http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/45e0goo4qvo1/cfv1tt6s/

━登壇

【観光/農泊推進】

服部政人氏(特定非営利活動法人美しい村・鶴居村観光協会事務局長)

【ふるさと納税/観光・特産品開発】

中神美佳氏(株式会社スマイルズ広報・プロジェクトマネージャー)

【東神楽町農業プロデューサー/小売・流通】

脇坂真吏(農業プロデューサー/株式会社AgriInnovationDesign代表取締役)

【ファシリテーター/スポーツ】

黒井理恵氏(株式会社DKdo取締役/Nスポーツコミッション事務局次長)

記事をシェアする