外出禁止令によりカリフォルニア州の交通量・交通事故件数が激減 地方の生態系への影響にも関心が集まる

タグ: / /
公開日:2020/04/07/最終更新日:2021/02/03
  • 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ措置として3月20日に発効した外出禁止令以降、カリフォルニア州内の道路における交通量が60%減少し、交通事故も半減していることが、カリフォルニア大学デーヴィス校の研究者の調査で判明。
  • 衝突事故が月換算で1.5万件、傷害事故は同6千件減少する計算に。自動車を使用する人が減っただけではなく、バーやレストランの休業により、飲酒運転が減少したことも要因とみられる。
  • カリフォルニア州の地方部では、生息地を分断するように造成された道路を横切ろうとする野生動物(例えばシカ、コヨーテ、ピューマなど)と自動車の衝突事故がかねてから問題に。今回の事態はそうした事故の減少にもつながっていると考えられ、パンデミックによる交通量の減少が生態系にどのような影響を与えうるのかにも関心が集まっている。

詳細

Coronavirus stay-at-home orders have reduced traffic accidents by half

2020/04/01/Los Angeles Times

https://www.latimes.com/environment/story/2020-04-01/coronavirus-stay-at-home-orders-have-reduced-traffic-accidents-by-half