【募集終了】第7回 『 横浜ハーバーシティ・スタディーズ』ワークショップ 2023 参加者募集(締切:2023年8月20日)

内容

『横浜ハーバーシティ・スタディーズ』とは

『横浜ハーバーシティ・スタディーズ』とは、2010年にスタートした短期集中型のワークショップです。 「インナーハーバーエリア」と呼ばれている、横浜の港湾を取り囲む水辺の都市部において、 都市や建築に関するフィールドワーク&リサーチを通して、第一線で活躍する専門家と学生が議論し、都市の再生案を提案することを目的に開催されてきた。 毎回、時代の最先端で活躍するプログラム・ディレクターにより、ワークショップのテーマが出題される。

テーマ:

プレイスとネットワークから構成する『リバブルシティ・ヨコハマ』

コンセプト:

横浜の既成市街地を「プレイス」と「ネットワーク」の2つの切り口から リバブルシティ・ヨコハマを構想する。
(※)リバブルシティとは、「住みたくなる都市」

概 要:

江戸時代から明治にかけて開港都市「横浜」の最重要拠点であった関内駅周辺。 その海側は、外国商人の居留地で《関内》と呼ばれ、今でも多くの歴史建造物が 「横浜らしい」街並み景観を創り出し、国内だけでなく海外からの観光客にとっても 重要な訪問エリアとなっている。
一方、陸側の《関外》は、運河が縦横無尽に走る干拓事業エリアとして江戸時代に 関東エリア最大の新田として農業から始まったものの、時代の流れに合わせて、 住宅地や商業地、そして戦後は米軍の占領地を経て、その様相をフレキシブルに 変質させながら、多様な用途が重層・混在するエリアとして現在も注目されている。
華やかな《関内》エリアと、地味な《関外》エリアの結節点である関内駅。 その地下街を活動拠点として開催される今回のワークショップ。全国から集まった 様々な価値観の学生たちが議論を通して、どのような「都市の未来像」を描くか。 「人が主人公」となる最も新しい都市像が提示される事を大いに期待したい。

  • 期 間: 2023年8月27日(日)〜9月1日(金)
    毎日10:00-18:00(夜間22:00まで作業可能)
  • 会 場: 関内駅前 「マリナード地下街」 エクセルシオール・カフェ跡地(空き店舗)
    [横浜市中区港町5丁目24番地の2のBF1]……「ストリートピアノ」前
  • 学生チーム:6名×5チーム(各チームに相談役として1人のチューターが専属)→学生:約30名
  • 参加費:9,000円……1人[6日間分]
    8/27(日)に現金にて御支払い下さい。
    (宿泊費は自己負担、各自手配)
    (※)部分参加の方は事務局へ御相談下さい)
  • 参加申込み:申込は以下の申込フォームにてお願いします。
  • 申込締切:2023年8月20日(日)
    https://tinyurl.com/24gum5xt
  • 主 催:横浜ハーバーシティ・スタディーズ実行委員会 (片岡公一、角野渉、中津秀之)
  • 学生委員:小林翔、小西晟也、齊藤健太、嶋田光馬、橋本瑛、澤野翔琉
  • 事 務 局:関東学院大学/建築・環境学部/中津研究室
    (横浜市金沢区六浦東1-50-1 関東学院大学/建築・環境学部)
  • 協 力:(一般社団法人)横濱まちづくり倶楽部
  • 後 援:横浜市都市整備局、(公益社団法人)日本都市計画学会、神奈川新聞社
    [申請中]日本建築学会、日本造園学会、日本建築家協会
  • SNS・共通ハッシュタグ: #yhcs2023

講 師:

ディレクター:

泉山塁威 (都市戦術家、日本大学理工学部建築学科・准教授、一般社団法人ソトノバ共同代表理事)

オープニング講演者:

今佐和子(国土交通省都市局)「ウォーカブルシティ」
河北直治 (よこはま路上観察学会)「関内・関外の歴史」

中間講評会ゲスト・レクチャー:

高松誠治(スペースシンタックスジャパン)「街路ネットワーク分析」

最終講評会ゲスト:

野原 卓 (都市計画家、横浜国立大学准教授)
西田 司 (建築家、オンデザインパートナーズ)
津川恵理 (建築家、ALTEMY代表)

チューター:

荒井詩穂那(首都圏総合計画研究所、一般社団法人ソトノバ理事)
田邉優里子(オンデザイン)
ヤップ・ミンウェイ(建築家、関東学院大学/助手)
松岡大雅(studio TRUE)
永田賢一郎(YONG architecture studio)

コーディネーター:

片岡公一(都市計画家、山手総合計画研究所)
角野 渉(建築家、kadono design NODE)
中津秀之(ランドスケープアーキテクト、関東学院大学)

【事務局・問い合わせ】

関東学院大学/建築・環境学部 准教授 中津秀之
045-786-7133
Mail : 2023YHCS@gmail.com

募集締切

2023/8/20

詳細・申込

https://note.com/ruilouis/n/n6d19e033d246

記事をシェアする

公開日:2023/07/25
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ