公園整備・パークマネジメント

身近な公共空間の1つである公園。休息の場になったり、文化活動や運動の場となったりする以外にも、生物多様性の維持に貢献したり、防災や街並み形成に役立ったりと様々な機能を持っています。近年では、コミュニティ拠点としての役割のほか、観光振興や地域経済の活性化といった効果を高めるべく、公民連携をはじめとしたより効率的なマネジメントのあり方を模索する動きが世界各地で積極的になされています。

ここでは、そうした動きをクイックにまとめたニュースと、知識を深め、広げるために役立つ書籍をご紹介しています。ご意見・ご感想をお寄せいただける方は、専用フォームから投稿をお願いします。

関連ニュース一覧(随時更新中)

2025年に開催予定の日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場施設の設計者公募の情報が公開されています。以下、概要をまとめました。詳しくは「詳細」の公式発表をご確認ください。 概要 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 […]
続きを読む
一般社団法人ソトノバ(共同代表理事:泉山塁威・石田祐也・小澤亮太・田村康一郎)は、路上駐車スペースを公園に変えるPark(ing)Dayのためのガイドブック「Park(ing)Dayガイド」を作成、無料公開しました。これ […]
続きを読む
イギリス・マンチェスターで、廃止された鉄道高架橋「キャッスルフィールド」を、ニューヨーク・マンハッタンにある人気の高架型公園〈ハイライン(The High Line)〉のような空間として再生する計画が進んでいる。 この計 […]
続きを読む
2020年に「MIYASHITA PARK」の開業で注目を集めた東京都の「渋谷区立宮下公園」について、現実そっくりな仮想空間で様々なアクティビティが楽しめる「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SI […]
続きを読む
オランダ・ロッテルダムに拠点を置く建築家集団「MVRDV」が、未活用の屋上空間を活かす130以上のアイデアを掲載したカタログを制作し、オンラインで販売している。 このカタログは、同社がロッテルダム市より依頼を受けて作成し […]
続きを読む
アメリカに拠点を置く非営利の慈善団体「ナイト財団(John S. and James L. Knight Foundation)」が、公園やオープンスペース、レクリエーション施設など国内7カ所のパブリックスペースを対象と […]
続きを読む
福岡市の「海の中道海浜公園」に、Park-PFI※1を活用した滞在型のレクリエーション拠点が整備され、今夏の着工を経て2022年3月にグランドオープンする。国営公園におけるPark-PFI事業の開業は日本初という。 この […]
続きを読む
米・バイデン政権は8日、国内の土地や水資源、野生生物を保全・回復するための計画案 “America the Beautiful” を発表した。1月末に署名した気候変動対策強化に関する大統領令に盛り込まれた政策のひとつが具 […]
続きを読む
https://youtu.be/u-epqpDTlbA ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長はこのほど、都市生活復旧に向けた計画案 "Recovery For All of Us plan" を発表した。ワクチン提供体 […]
続きを読む
(公財)都市緑化機構では、緑による都市環境の改善に資する調査研究のため支援を希望する者に対し、当該調査研究活動等に係る費用を助成を行っております。今年度も以下の通り募集を行います。 対象 調査研究活動のために助成を必要と […]
続きを読む
公益財団法人 日本生態系協会より「ビオトープ管理士資格試験」および、その受験対策講座「ビオトープ管理士セミナー」についてのご案内です。 ビオトープ管理士は、世界が求める自然と伝統が共存した持続可能な“まちづくり”、“くに […]
続きを読む
https://www.youtube.com/watch?v=wQ1FUZ7vves 米国内の都市公園における有毒農薬の使用取り止めに向け、アメリカのヨーグルトメーカーStonyfield社が取り組みを進めている。 2 […]
続きを読む
――アイランドシティの住民と事業者、行政が一緒につくる、地域住民・来街者が照葉の豊かなスペースを楽しめる9つのコンテンツを同時開催 福岡高速6号「アイランドシティ線」が開通し、アイランドシティの中と外を繋ぐ、新たなゲート […]
続きを読む
日本大学理工学部建築学科・井本研究室で「COVID-19と子どもの外出行動調査レポート」が発表された。本レポートは、2020年度研究室の取り組み「緊急事態宣言下での子どもの外出行動に関する研究」をまとめたもので、学部4年 […]
続きを読む
東京都千代田区に拠点を置く一般社団法人みんなの公園愛護会が、地域の小さな公園や愛護会の活動の魅力などを伝えるタブロイド紙「PARK NEWS MAGAZINE」を創刊した。 2月に発行された創刊号となるVol.1では、神 […]
続きを読む
ニューヨーク市の高架跡地を再開発した公園「ハイライン(HIGH LINE)」のデザインで知られる、アメリカの設計事務所 "James Corner Field Operations"(以下Field Operations […]
続きを読む
パリ市市長である Anne Hidalgo は、1.9kmのストリートガーデンとして、木のトンネル、緑地、歩行者エリアをシャンゼリゼ通りにつくる計画を承認した。 総額2億2500万ポンド(約319億円)を投資する大改造。 […]
続きを読む
2020年12月11日に「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が閣議決定され、国土交通省では、自然災害とインフラメンテナンス、デジタル化などを柱とした53の対策を講じていくと発表した。政府全体の目安予算15兆 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長らは24日、まもなく開講を迎える2020~21年度の新学期において、屋外授業の実施に取り組む方針を示した。新型コロナウイルス感染症の蔓延下で厳しい運営を迫られる学校を安全に再開できるよ […]
続きを読む
米国の国立公園における人種差別の歴史や実情に関する議論のラジオ収録が、米国ポッドキャストメディア「WNYC Studios」のHPで公開されている。 WNYCの記者であるBrigid Berginと、フリーランスジャーナ […]
続きを読む
米国の国立公園局の非営利パートナーである国立公園財団が、女性の選挙権取得100周年を祝うため、女性に関わる歴史のなかで節目となった公園に助成金 $ 460,000(約4850万円)を出した。 この助成金は、女性に関わる歴 […]
続きを読む
かねてからグリーンインフラの推進に取り組んでいた国土交通省は、令和2年度に新たに開始する「先導的グリーンインフラモデル形成支援」の対象となる地方公共団体を決定した。「雨水の貯留・浸透や屋外空間を生かした防災・減災、気候変 […]
続きを読む
アメリカの非営利トラスト団体 "Trust for Public Land" が、合衆国内の14,000地域を対象とし、公園のあり方に着目して実施した新たな調査の結果を発表した。 それによると、白人以外(黒人・先住民・ラ […]
続きを読む
神奈川県建築士会技術支援委員会子どもの生活環境部会から「新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛期間における子どもの生活についての緊急アンケート調査」の集計結果が報告され、自粛期間中の子育て世帯における生活の様子がわかっ […]
続きを読む
2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が世界中で起こりました. 日本では,感染者数が減少し,引き続き,第二波の感染増加の警戒はしつつも,緊急事態宣言解除により,フェーズが変わ […]
続きを読む
カナダ随一の都市・バンクーバー市の議会が、ダウンタウンにおける向こう30年のパブリックスペース整備に関する戦略案 "Places for People" を承認した。都心部の事業改善協議会(BIA:Business Im […]
続きを読む
ニューヨーク市公園局と公式に提携を結んでいる25の非営利団体による連盟組織「Parks and Open Space Partners」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による公園やオープンスペースへの影響 […]
続きを読む
パブリックスペース関連のベンチや公園遊具、コミュニケーションサインを製造販売する株式会社コトブキと、公園専門メディア『PARKFUL』が連携し、「STAY HOME & KEEP SOCIAL DISTANCE~はなれて […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長が、市内の道路のうち少なくとも40マイル(約64km)で、来月いっぱい自動車の通行を禁止する方針を表明。外出自粛令(stay-at-home order)の発令中に、最大約100マイル […]
続きを読む
カナダ最大の都市トロントなどを含むオンタリオ州が、コミュニティガーデン(市民菜園)は生活必需サービスであるとして、開園することを認める声明を発表した。公営・私営いずれも対象となる。 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて […]
続きを読む
アメリカ・ワシントンD.Cに拠点を置く学際機関「世界資源研究所(World Resources Institute)」が、新型コロナウイルスの爆発的な感染状況が今後の都市計画に与える影響について考察した記事を公開(以下、 […]
続きを読む
1日限定で路上駐車スペースを小さな公園に変える「Park(ing) Day」。2005年にサンフランシスコから始まったこの取り組みは、毎年9月第3金曜日に世界中の有志が自分たちの街で実践する、世界的なパブリックスペースム […]
続きを読む
2019年1月から耐震改修工事のため休業中の名古屋テレビ塔に、展望施設やホテル・商業施設等を整備する計画について認可したことを、国土交通省が発表しました。整備事業は2020年6月末までをめどに施行され、その後リニューアル […]
続きを読む
大阪府茨木市が、2015年12月に閉館した市民会館跡地のエリア整備を受託する事業候補者として、「竹中工務店・伊東豊雄建築設計事務所共同企業体」を選出したことを発表しています。 選出は、このほど行われた公開プレゼンテーショ […]
続きを読む
以下、大阪市の報道発表資料より 大阪市浪速区役所は、「なにわ区公園活性化事業」の共同事業者を公募するにあたり、より具体的な公募条件を策定する際の参考とするため公園活性化に関するアイディアを、令和2年1月20日(月曜日)か […]
続きを読む
以下、横浜市の発表資料より 横浜市には、道路、公園、港湾緑地などの公共空間が数多く存在し、市民の生活を支えています。 厳しい財政状況の下、各公共空間において市民サービスを持続し、向上させていくためには、従来手法による適切 […]
続きを読む
株式会社パークフル(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上弘子) と芦屋市道路・公園課は、芦屋市内の公園の活性化を目指して公園レンタルのクラウドサービスの実証実験に取り組みます。 本サービスは、公園情報プラットフォーム「 […]
続きを読む
以下、東京都の報道発表資料より 東京都では、「葛西臨海水族園の更新に向けた基本構想」(以下「基本構想」という)で示した新たな水族園像の実現に向けて事業計画を策定するため、専門的見地から検討を行うための「葛西臨海水族園事業 […]
続きを読む
大阪市が、今年3月末から募集していた都市公園「花博記念公園鶴見緑地」(同市鶴見区)の指定管理事業予定者に、大和リース(株)を代表者とし、(一財)大阪スポーツみどり財団や美津濃株式会社(ミズノ)ら6法人で構成される「鶴見緑 […]
続きを読む
大阪府や大阪市などで組織されるチームが、万博記念公園における実証実験の提案を募集しています。 IoTやロボットテクノロジー、モビリティ、ドローンなどの技術の活用が想定されており、同公園内の施設・設備の管理運営状況やサービ […]
続きを読む
東京都豊島区が、2019年11月にオープンする池袋西口公園でカフェを運営する事業者を募集中です。 応募要項には、「東アジア文化都市 2019、東京オリンピック・パラリンピックに向け、池袋を訪れる多国籍来訪者にも対応できる […]
続きを読む
千葉市が、民間企業等での職務経験を生かしたマネジメントを行う千葉市動物公園長を募集中です。 業務としては、下記のような内容が予定されています。 動物公園の管理運営 観光・レクリエーション機能の強化 ホスピタリティの向上 […]
続きを読む
横浜市環境創造局が、横浜動物の森公園内の「森を楽しむゾーン」の整備・管理運営等を担う民間事業者を公募しています。 この募集は、民間活力による新しい都市公園の整備手法として創設された「公募設置管理制度(P-PFI)」を活用 […]
続きを読む
東京都町田市が、鶴間公園の指定管理者を募集しています。同公園は、町田市と東急電鉄が共同で運営している「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」において、まちの中心施設のひとつとなることが期待されています。 2018年11月 […]
続きを読む
ストックホルムに拠点を置く都市開発グループ「Urban Nouveau」が、解体危機にある歴史的な鉄橋を公園空間にリノベーションする提案の実現に向け、署名活動を展開中です。 これに伴い、同社に勤務経験のある403arch […]
続きを読む
世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲが生息することで有名な、インドネシアのコモド国立公園で、民間の開発業者による観光関連施設の建設に対して地域住民らによるの反対運動が起こっています。 国立公園は世界自然遺産に登録されている […]
続きを読む
欧米諸国の公共空間における子どもの遊び場と、そのリスクや責任について検証したレポート(白書)を、オランダの財団「Bernard van Leer Foundation」が公開しています。 白書は、屋外で身体を動かす経験が […]
続きを読む
アメリカ・フィラデルフィアでペンシルベニア大学医学大学院の研究者らによって行われた実験で、近隣の空地が緑地化された地域の住民は、そうでない地域の住民と比べ、「気分の落ち込み」が4割以上、「自分を見すぼらしいと思う気持ち」 […]
続きを読む

ご意見・ご感想投稿フォーム