このイベントは終了しています

【終了】[レポート]小野なぎささん×山崎正夫さん「週末通いたくなる森の見つけ方」(2019/11/10 |大阪)

詳細は主催団体等にお問い合わせください。

台風でひと月延期になってしまったにもかかわらず、多くの方にご参加いただけたトーク「週末通いたくなる森の見つけ方」。当日は会場のみなさんを巻き込んでの議論、おおいに盛り上がりましたのでここではそのレポートを。

会場となったのは大阪・谷町6丁目にある隆祥館書店さん。
まちの小さな本屋さんがどんどんなくなる時代にあって、地域密着型の場づくりに力を入れてこられ、「作家さんとの集い」を続けておられる出版社も尊敬すべき書店さんです。今回の本、『あたらしい森林浴』は243回目。

写真 2019-11-11 17 17 08

隆祥館書店さんのキャッチフレーズは「本は心の森林浴」。二村知子店長も森林浴が大好きだとか。店頭でも日頃から森のアロマを焚かれていて、11月らしからぬ暑さだった当日の会場も清々しい香りが漂ってました。森林浴の可能性を伝える本書のイベントを「本は心の森林浴」をかかげるまちの本屋さんで開催できるなんて光栄です。

あたらしい森林浴って?

まずは、あたらしい森林浴ってどんなものか、森林浴ってそもそもなに?、という著者・小野なぎささんのプレゼンテーションからスタート。

写真 2019-11-10 14 43 34

戦後の焼け野原に木が植林されて、国土の7割が森という日本。でも47都道府県ごとの森林率は本日の会場である大阪が最下位なのだとか。参加者の方からの「そらそうやわ~!」というツッコミとともに、京都・奈良が都になるずっと前から町人文化が根付いてきた商いのまちなので当然だという声も。とはいえ大阪にも多くは南部と北部、そして奈良との県境にも豊かな森があります。森の健康効果はフィトンチッドや1/fゆらぎ、NK細胞の増加、睡眠障害の改善などがよく知られています。でもこうした効果に加えて注目したいのは、テクノロジーやAIで便利になった世の中で鈍った五感を刺激する効果。

写真 2019-11-10 13 31 41

たとえば日常生活でもっとも主要な情報源となっているのが視覚。人間の得る情報の87%もが目に依存しているそう。とはいえ目ばかり使ってほかの感覚をおろそかにしてしまうと、だんだんと使わない器官が鈍ってきてしまうそうです。森のなかで目を閉じると、聴覚や嗅覚、触覚が刺激され、脳がリフレッシュします。このような健康効果については『あたらしい森林浴』でしっかりエビデンスをもって解説しています。

画像1

またこうした非日常体験は、組織のチームビルディング、またはアイデアやイノベーションの小さなきっかけにもなります。たとえば、刻一刻と表情を変える森の中で五感が冴えると、会議室より柔軟な発想や意見が出やすくなる。お手軽なところでは、会議をランチミーティングにするなど、ほんのちょっと環境を変えてみた経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。それのエクストリーム版みたいなものですかね。

視界いっぱいに広がる木漏れ日や木々のざわめく様子を寝転びながら眺めると、20代の若手社員の感想はひとこと、「3Dみたいですね!」と驚くそう。いやいや、リアルのほうに驚こうよ?!と思わずツッコミを入れたくなるこのエピソードからもわかるのは、今の都会育ちの若い世代にとって、自然の空間体験がいかに非日常化しているかということ。五感に受ける刺激も、ある種エンターテイメントにも近い驚きや発見に満ちた場所になっているようです。小野さんは毎年一、二回、ビジネス研修の体験も開催されています(詳しくは森と未来のHPより。気になる方はぜひ参加してみてください)。

小野さんのお話を受けたあとの会場のみなさんと二村さんは、町人文化が下支えする大阪とはいえ、やはり森林率最下位は多少なりともショックな様子。隆祥館書店さんの前にはかつてポプラの並木が植わっていたと話す二村さん。伐られてしまったのは数年前のことだとか。管理コスト削減や深刻化する災害対策のためか、最近は市内の街路樹がどんどん剪定・伐採されているもどかしい状況だといいます。

写真 2019-11-10 14 42 53

都会の高架下で、森のチャンネルをつくる

続いてヤマサキマサオさんのプレゼンへ。ヤマサキさんは神戸を拠点にSHAREWOODSという屋号で活動されています。事業紹介のひとつで取り上げてくださったのは、神戸市役所のロビーにあるベンチ。建築家の中村竜治さんによるデザインで、すべて六甲山に植っていた地域産材を使ったものです。

写真 2019-11-10 14 21 54

日本全国の山々でかつてなく立派に育っている植林された木々。実は六甲山も戦後の拡大造林でできた人工林です。いまとなっては市民だけでなく関西の人々皆に愛される六甲山ですが、もともとは写真のように禿山だったとか。国や県、市が公共財として植林したのが70年ほど前のこと。木々の成長を待つうちにいつしか木材需要が薄れ、放置されてしまっている地域材は、六甲だけでなく日本中にあふれています。そんな木材を地域のために活用すべく、流通の仕組みづくりを買って出たのがヤマサキさんたち。建築家が提案した多様な樹種を組み合わせたベンチ構想を受けて、すべての樹種を六甲山から調達できるように手配したり、相談にのったりしたといいます。

写真 2019-11-10 13 54 02

最近は民有地である裏六甲での木材活用もスタート。国産材の衰退を森(生産者)と街(消費者)を繋げることで食い止める。安価な外材との価格競争では勝ち目のない国産材でも「エコでエシカルでローカルな」価値を共感できる地域社会の循環をつくる。こうしたひと工夫もふた工夫も必要なビジネスモデルづくりは、地域の職人や工作所、若いクリエイターたちとのネットワークが欠かせないといいます。

写真 2019-11-10 13 57 06

彼らと連携をはかるために、オフィスがあるのはまちなかの高架下。六甲エリアで活動するデザイナーや鉄職人、家具作家など、地価の安い高架下に集まる若いクリエイターと協働し、木工所などの既存インフラやコミュニティをアップデートし、森をローカルエコノミーのストック資源として活かすのがヤマサキさんの仕事です(詳しくはこちら☟の本に書かれてます)。

画像2

「森へ行く」を日常にするために必要なこと

続いてディスカッションです。関西の人は森林浴ってどうもなじみがないのでは??という問いに会場からはやはり、関西は歴史の蓄積が長い分市街地が自然と共生するように成り立ってないとの声があがります。またヤマサキさんからは、山は古代から信仰の対象だったため、人間と相対するものと捉えられるほうがむしろ自然で、じつは大都会・大阪にもいまなお女人禁制の山が残っているそう。

写真 2019-11-10 14 24 19

このように、安易に近づかない存在だった森も、近年のアウトドアブームでだんだんと身近な存在になってきています。でもいまだに「なにか目的がないと手持ち無沙汰」という感覚が拭えないのも事実。キャンプや登山など、目的がないと行きづらい場所になってしまっているのはもったいない、と小野さん。とにかく自然の中で過ごすことから始めればよくて、近くの公園で葉っぱの色を見るのも一つの森林浴。欧州のように森が暮らしのそばにあり、普段から森でボーッと佇んでいても変人扱いされないくらいにまで、森林浴がライフスタイル化したらいいのに、森へ行くということを特別視する必要はない、と話します。

会場からは、「森に行きたいけど、私有地だから行けない、みんなが行ける場所は人が押し掛けるからかえって疲れる」という需要と供給のアンバランスが問題、という会場からの声も。たしかに観光地化してしまった山や森は、その場所の気配や空気を感じるには少々騒々しいのかもしれません。

でも、都会に住みながら、実家の山をいかそうとしている隠れ山主たちがこれから活躍する時代だと小野さんは返します。「右手に森、左手にテクノロジー、自分たちで事業を始められる時代だから、どんどん面白い事業をみなさん自身で立ち上げてほしい。そしてそれを持続可能な事業にする。儲からなくてもボランティアではなく、赤字にならない仕組みづくりにこだわりたい、そうした事業がもっと増えてほしいし、自分もつくっていきたい」と小野さん。例えば、AIなどで遠隔での森林管理が可能になれば、一つの山をみんなで管理・シェアして、オンラインカレンダーでスケジュールを管理、週末のシェア別荘ならぬ週末のシェアフォレストを手に入れることだって夢ではありません。森林浴を単なるノスタルジーの範疇に括り付けることなく、柔軟な思考で現代のポテンシャルを拾い集め、積極的にデジタルテクノロジーともコラボするべきだと話してくれました。

写真 2019-11-10 14 40 56

そしてやはり話題に上った、今年度から全国民が支払っている森林環境譲与税の使途について。

平成31年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」
(平成三十一年法律第三号)が成立・公布されました。

本税は、温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るための森林整備等に必要な財源を安定的に確保する観点から、国民一人一人が等しく負担を分かち合って森林を支える仕組みとして創設されたものです。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/kankyouzei/kankyouzei_jouyozei.html

大阪のように森の少ない都心部の自治体では、これまで考える必要のなかった「森との付き合い方」が新たに政策課題に加わりました。使い道がわからず考えあぐねている自治体も多いようです。とはいえ反対に、「取られた税金をどう最大限うまく使う仕組みをつくるか」を賢く考えて、自身の健康や放置していては災害を甚大化しかねない森の荒廃を防ぎ、地域の持続可能性を結び付けて考えていくチャンスとも捉えられます。

写真 2019-11-10 14 26 43

加えて会場からは、森林浴を身近にするには交通インフラの問題も大きい、との声も。行きたい森に行くにもとてもアクセスが悪くて困っているといいます。ヤマサキさんからは、たとえばバスの自転車持ち込みを市民から提案してはどうか、というアイデアも。バスの路線がないところや本数が少ないところは、マウンテンバイクとの併用で解決するなど、林業や森のコミュニティにとどまらない工夫が必要になってきそうです。行政の対応を待つのでなく市民自らアイデアを提案する、まずはそうした活動を支援する仲間づくりに励むことも大切、と小野さん。またこうしたアイデアやあたらしいニーズを生み出せるのは、やはり若い世代の人たちだといいます。既存のコミュニティがどう頑張っても答えが出ないときは、森や林業コミュニティの外の人に知恵を借りれる仲間をつくりたい、それをやっているのがまさに、ヤマサキさんはじめ、神戸やSHAREWOODS の皆さんの取り組みだな、ということで、今日の参加者全員で六甲山に森林浴へいきましょうという話も飛び出しました。参加者の皆さんからの感想もご紹介。

森林浴は難しいものだと考えていましたが、手軽にできると知り、実行してみようと思いました。

フリーランスで仕事をしており、メリハリのない生活になりがちです。適度な運動を取り入れたいと思っておりますが、元来怠け者でちょっとの時間を割くことができずにおります。そういった生活習慣を変えられるヒントがいただけたらと思い参加しました。何気なく散歩に行くつもりで近所の山のほうに向かって歩いていくことから始めてみようと思います。

仕事として人と森をつなげる活動をしています。目的を持って森に入ることが多いのですが、今日のお話を聞いて、何もしないで森での時間を過ごすというのもやってみようと思いました。

現在の木や森林んとのかかわりは消費が主になっているが、森林を育てる関わり方がもっとあってもいいと思った。従来の木材消費にとらわれない森林資源の活用のヒントをいただくことができた。

社員のストレスケアへの活用方法を考えてみます。

参加者の方がグラレコも書いてくださいました!

写真 2019-11-10 15 27 14

現代を生きるわたしたちなりの森の面白がり方は、まだまだたくさんあるはず、そんなことを感じられたトークでした。出版記念イベント関西編ご登壇いただいた小野なぎささん、ヤマサキマサオさん、二村知子さん、そしてご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

写真 2019-11-10 15 28 48

そしてこれで終わらず!引き続いて年の瀬12月11日(水)に、今度は東京・八重洲にてトークを開催します。

森から考えるSDGs:都市と地方が支え合うために企業・市民ができること(2019/12/11|東京)

画像3

会場は東京駅至近・八重洲ブックセンターさん。自然災害が多発し、いよいよ真剣に環境問題へ向き合う必要性を痛感した2019年。テーマは「森から考えるSDGs」です。

CO2を吸収し、おいしい水を供給し、降雨時の急激な増水による災害を抑制する水源かん養機能をもつ森の大切な地域基盤を生かした小野さんの活動は、SDGsの17目標のうち「13:気候変動に具体的な対策を」「15:陸の豊かさを守ろう」に深く関わるだけではなく、都会の私たちに「3:すべての人に健康と福祉を」もたらすものであり、地域に「9:産業と技術革新の基盤をつくり」「8:働きがいも経済成長も」生み出せる可能性の宝庫。

人と自然と地域事業が共生し、持続可能な未来を描くためにどんなビジョンが必要なのか、都市に住む私たちや企業はどのように森とかかわり続けることができるのか、お話いただきたいと思います。ふるってご参加ください!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イベント概要

※イベント延期のお知らせ

2019.10.11(金)PM18:00 更新

大型台風第19号の接近にともない、明日10月12日(土)のイベントは延期とさせていただくことになりました。なお延期日程は、登壇者の都合上、 
2019年11月10日(日)13:00~15:00
とさせていただきます。

ご参加を予定いただいていた方にはたいへんご迷惑をおかけし、申し訳ありません。延期後の日程にて、登壇者ともどもぜひ皆様のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。(学芸出版社担当・岩切)

お問合せ:隆祥館書店 06-6768-1023

 

近年よく耳にするようになったリトリート、グリーンツーリズム、森ヨガなどという言葉。忙しい日常を抜け出して英気を養う都会のオフィスワーカーから、健康のために森を歩くシニアまで、週末ぐらいは普段の暮らしを忘れて、近くの山や森の中でぼーっとしたり、木漏れ日や音や匂いを楽しんだりしたい、と思う人が増え、そ楽しみかたもどんどん多様化しています。

こうした“森林浴”ムーブメントをはじめとして、これまでにない森の活用法を提案した『あたらしい森林浴を刊行しました。

今回はこの出版を記念して本書著者、「森と未来」代表の小野なぎささんと、「SHARE WOODS」代表の山崎正夫さんの対談イベントを開催します。会場は大阪・隆祥館書店さん。隆祥館書店さんでも「読書は、森林浴」というポスタ-を貼り、店内でも森林浴香りアロマを循環させています。

お二人は『森ではたらく! 27人の27の仕事』(2014年)という本の共著者でもあります。山や森は木材を伐り出すためだけの存在と捉えるだけではもったいない!無味乾燥な現代の暮らしと有り余る森林資源をつなぎなおそうというメッセージを今回はさらに発展させ、「うちの森どうしよう…」という山や森の担い手の方々には、あらたな森の活用法を考えるきっかけを、「最近なんだか森が気になる…」という都会暮らしの皆さんには、週末森に行ってみようと思えるきっかけを持ち帰ってもらえればと考えています。

まず小野さんからは、緑を楽しみながらヘルスケアに取り組める「予防医療」や、社員の創造力や感性を高める企業向け「人材育成」など、森にある多面的な価値、目的別の使いこなしについてより深く堀り下げるヒントを教えてもらいます。そしてゲストの山崎正夫さんからは、2014年に始めた「カホンプロジェクト」(間伐材で打楽器「カホン」を手づくりして森の中で鳴らすワークショップ集団)や、2019年からは新たに森の保全や暮らしにつながる商材・商品、そうした関心を深める会員型サロン「HASE65(ハーゼロコ)」の運営を通じて、愉しくてエシカルな森との関係づくりについてのヒントをもらいます。

その後の対談では、現代人と森の接点づくりに取り組むそれぞれの活動の共通項を探りつつ、森を身近な存在として捉えると現代の生活はどんなふうに面白くて豊かになりうるのか、参加者の皆さんを交えて、議論できればと思います。

●概要
日程:2019年10月12日(土)15時~17時
2019年11月10日(日)13時~15時
会場:隆祥館書店8階 多目的ホ-ル(大阪市中央区安堂寺町1-3-4)
会費:3500円(参加費1190円+『あたらしい森林浴』2310円)
主催:隆祥館書店
後援:学芸出版社
申込み:👉お申し込みはこちら(隆祥館書店イベントページ)

お問合せ: 隆祥館書店  TEL:06-6768-1023

 

● こんな人におすすめ

・森林浴に興味がある人
・環境や林業にかかわる人
・自身のフィールドに森林浴を取り入れたい人
・週末森に出かけたい都会のオフィスワーカー

●登壇者プロフィール

小野なぎさ

一般社団法人森と未来代表理事。1983年東京都調布市出身。2006年東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科卒業。卒業後は企業のメンタルヘルス対策を支援する会社へ入社し森林を活用した研修を開発、認定産業カウンセラー・森林セラピストの資格を取得。2010年からは都内心療内科に勤務し、カウンセラーとして勤めながら企業研修や地域の支援を行う。2011年株式会社グリーンドックに所属し「保健農園ホテルフフ山梨」のプロジェクトマネージャーとしてホテルの立ち上げ担当兼森林セラピストとして活動。2015年一般社団法人森と未来を設立し、現職。2019年より林野庁林政審議会委員に就任。共著書に『森ではたらく!27人の27の仕事』(学芸出版社、2014)。

山崎正夫
〈SHARE WOODS〉、〈カホンプロジェクト〉代表。1970年和歌山県生まれ。1993年甲南大学卒業後、出版社㈱ぎょうせいを経て、ドイツ木材メーカーの代理店日本オスモ㈱に12年在籍。2009年間伐材を活用した打楽器づくりのワークショップ集団〈カホンプロジェクト〉を創設し、2013年に木材のプラットフォーム〈SHARE WOODS〉を立ち上げ、六甲山材活用の仕組みづくりに従事している。共著書に『森ではたらく!27人の27の仕事』(学芸出版社、2014)

記事をシェアする