サンフランシスコの路上に設置されたシェアスペース ここ3ヵ月で1,200件以上の設置申請

タグ: /
公開日:2020/09/25
  • 新型コロナウィルス拡大の影響を受け、サンフランシスコでは市のシェアスペースプログラムによりヨーロッパの都市のような屋外飲食エリアが設置され始めている。このプログラムは、コロナ禍で困窮している市内の飲食店を援助するものだ。
    ここ3ヶ月間では、プログラムの活用申請が1,200件以上承認され、今年1月以前の2年の間の承認総数を超えた。
  • 当市を拠点に活動する都市リサーチ組織SPURのディレクター・Ben Grant氏によれば、もともと「悪名高く面倒」だった屋外利用の許可システムは、コロナ禍で即座に活用しやすいものになった。
    今年5月末にこのプログラムがローンチされて以降、市内には屋外で座れるスペースが即座に広まった。これらの多くは、駐車場スペースから改造されたパークレットのように、都市の隙間につくられている。
  • このプログラムの実践をとおし、現地の都市計画関係者たちは、営利目的の施設や駐車スペースを維持するために尽力するよりも、このような公共空間を維持することがより重要であると判断しはじめている。
    アドホックに設置されたこれらすべての公共空間から、ほかの用途(駐車場や車道など)を取り除かなければならないと考えられるようになった。
  • また市の都市計画部は、このプログラムの効果測定に取りかかりはじめており、どの程度地域企業の援助になっているのかを測定している。

詳細

Shared Spaces: a crisis-driven experiment that could permanently change SF’s urban landscape