日本建築学会が就活・選考時期に関する要望書を提出

  • 日本建築学会は、大学生・大学院生の就職活動時期の異常な早期化や長期化が本来の学修・研究活動や留学離れに深刻な影響をもたらしていることを憂慮し、建築関係業界企業等に対して2022年3月卒業・修了予定者の就活および選考時期に関する要望書を提出した。
  • 具体的な内容は以下の通り。

就職活動時期・選考時期に関する要望:

1.企業説明会等の時期について:大学3年生(修士課程1年生)3月1日以降とする。なお、4月から7月までの春期開講期間は週日の昼間の開催を避け、概ね秋期の学業の始まる9月末日までを目途に終了していただきたい。

2.上記以外のOB・OG訪問、インターンシップ(就職活動、企業紹介等の一環として行うもの)、ならびに面接、採用試験等の実施日について:春季、夏季の休暇期間中のほか、開講期間中にあっては学業に支障のない週末や、夜間を含む放課後の時間帯などに行っていただきたい。なお、ゼミも授業の一部として出席が管理される場合もあることから、これにも配慮いただきたい。

3.留学先からの帰国学生について:6月頃に学期を終了して海外の留学先から帰国する最終学年(主として修士課程2年生)について、別途選考の時期を設けるなど、就職上の不利益とならないよう特段の配慮をいただきたい。

  • これまでも全国建築系大学教育連絡協議会の総意として5回にわたり同様の要望が提出されている。

詳細

就職活動時期・選考時期に関する要望について

(2020/09/18|日本建築学会)

https://www.aij.or.jp/jpn/databox/2020/20200918a.pdf

記事をシェアする

公開日:2020/09/24/最終更新日:2021/06/23
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ