【募集終了】大手町・丸の内・有楽町地区駐車環境対策協議会 助成対象となる研究を募集中(応募締切:2023年4月30日)

研究助成制度について

大手町・丸の内・有楽町地区駐車環境対策協議会は、適切な附置義務駐車場整備と、路上駐車の排除、路外駐車場への誘導などを行い、交通の円滑化と安全性の確保を図ることにより、大手町・丸の内・有楽町地区に相応しい交通環境を実現することを目的として設置されたものです。

この度、本協議会は、大丸有地区をはじめとした都心業務地区内における駐車環境、交通環境の改善に寄与する研究を多角的に行うため、「大手町・丸の内・有楽町地区駐車環境対策協議会研究助成」制度を創設しました。

優れた研究をご提案された方に研究費の助成を行います。ご関心のある研究者の皆様からのご応募をお待ちしております。

基本テーマ

以下の基本テーマに沿って自身の研究テーマ・研究内容・スケジュールなどについて、A4用紙1枚にまとめて提案すること。

(基本テーマ)

今後の都心業務地区内における駐車環境、交通環境に資する研究

(キーワードの例)

具体的な内容については、以下のキーワードを参考として検討すること。以下に示すものの組み合わせや、それ以外のものを含めても構わない。

  • ①自動運転など新技術
    :自動運転、荷さばき・搬送ロボ、自動バレーパーキング(自動駐車ロボ)など
  • ②MaaSなど新たなサービス
    :MaaSの活用、交通や空間のシェアリング、宅配ロッカーなど荷物受取の効率化サービス など
  • ③新たなモビリティへの対応
    :電動キックボード、電動車椅子、パーソナルモビリティなど
  • ④まちづくりと駐車場の関係
    :駐車場地域ルール、駐車場の適切な整備と配置(隔地駐車場の整備と配置)、自動二輪・自転車の駐車スペース など
  • ⑤駐車場空間の弾力的な活用
    :駐車場以外の用途としての活用、空間のシェアリング など
  • ⑥社会的課題と駐車場との関係
    :防災・レジリエンス、グリーンインフラ、バリアフリーなど

詳細

詳しくは本協議会HPをご覧ください。
https://www.omy-parking.jp/download/KenkyuJosei_R05.pdf

記事をシェアする

公開日:2023/03/31
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ