この募集は終了しています

国土交通省が「海の次世代モビリティ」を用いた実証実験を公募 沿岸・離島地域の課題解決めざす(応募締切:2022年6月27日)

タグ: /
公開日:2022/06/06

国土交通省が、沿岸・離島地域における「海の次世代モビリティ」の利活用に関する実証実験を公募している。令和3(2021)年度に続いての実施となる。

この公募は、高齢化・過疎化による担い手不足や、老朽化の進むインフラ管理、海域の自然環境劣化といった沿岸・離島地域の課題解決を目的としたもの。海の次世代モビリティは、小型無人ボート(ASV)、自律型無人潜水機(AUV)、遠隔操作型無人潜水機(ROV)など、推進力を有し、海上や海中を無人で浮遊・移動できるツールが想定されている。

応募の申込期限は令和4(2022)年6月27日17時。など先立って、同14日(火)14時からオンラインで説明会が開催される。

問い合わせは「 海の次世代モビリティの利活用に関する実証事業事務局」まで。

詳細


Cover Photo by Hiroyoshi Urushima on Unsplash

記事をシェアする