この記事は公開から6カ月以上経過しています

ロンドン交通局が都市封鎖期間中の市内バス運賃を無料化へ 利用客から運転手への感染防止策の一環で

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新の情報は、内閣官房のウェブサイトをご覧ください

タグ: /
公開日:2020/04/21/最終更新日:2021/02/03

  • ロンドン交通局(Transport for Londonが、市内を走るバス路線の運賃について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う都市封鎖(ロックダウン)措置期間中は無料とする方針を固めた。
  • ロンドン市ではこれまでに少なくとも15名のバススタッフが死亡。今回の措置は運転手と乗客の接触による感染防止策の一環とされ、同時に今後は原則としてバス中央のドアからの乗降が求められる。同市のサディク・カーン市長によれば、運転手のすぐそばには着席しないよう求める映像の放映も車内で始められる予定。
  • 同交通局のバス事業部長は、安全な環境向上のために様々な措置を講じているとしながらも、やむを得ず働きに出ている人やバスの運転手が市内を安心して移動できるよう、自宅にとどまるべしとの原則を忘れないでほしいなどとコメントしている。

詳細

London bus journeys will be free during lockdown (and we all have to use the middle doors)

2020/04/20/Time Out London

https://www.timeout.com/london/news/london-bus-journeys-will-be-free-during-lockdown-and-we-all-have-to-use-the-middle-doors-042020

記事をシェアする