この記事は公開から6カ月以上経過しています

茨城県常総市 株式会社良品計画と公営団地活性化に関する協定を締結

公開日:2019/12/24

以下、常総市の記者発表資料より

令和元年12月10日に株式会社良品計画と「公営団地活性化に関する協定書」を締結しました。

当市の公営団地は、建物はもとより設備等の老朽化が著しく、また、人口減少や厳しい財政状況も相まって、近年では公営団地への入居率も減少傾向にあります。

また、高齢者の入居者が増える一方、子育て世代の入居率は減少しており、公営団地内のコミュニティの希薄化が深刻な課題となっています。

このような背景から、市と株式会社良品計画が連携し、双方が所有する情報や知的・人的資源を活用しながら、公営団地の活性化を図ることを目的とした協定内容となっており、次の事項について取り組むこととしています。

協定書では、次の事項について取り組むこととしています。

  • (1)公営団地におけるコミュニティの再構築に関すること
  • (2)公営団地における住居及び公共空間の活用に関すること
  • (3)その他目的を達成するために必要な事項に関すること
協定までの経緯

2018年9月28日に行われた、公共空間逆プロポーザル(主催:公共R不動産)において、株式会社良品計画から公営住宅を活用した未来コミュニティの提案があり、これまで当市の市営住宅で様々な活動を一緒に行ってきました。今回の協定により、公営団地活性化に向けた取組をさらに推進していきます。

発表資料

株式会社良品計画と協定締結

http://www.city.joso.lg.jp/soshiki/toshi/toshikeikaku/tok06/jutaku/1575933659132.html

記事をシェアする