ハーバード大学GSDによる日本の都市を対象としたリサーチプロジェクト「JAPAN STORY」のウェブサイトがオープン インタビューや論考、図解など豊富なコンテンツが公開

タグ:
公開日:2021/09/09/最終更新日:2022/01/27

ハーバード大学大学院デザインスクール(GSD)による、日本の都市をテーマにした研究プロジェクト「JAPAN STORY」のウェブサイトが公開されている。

GSD教授でプロジェクトメンバーの建築家・モーセン・モスタファヴィ(Mohsen Mostafavi)氏によるステートメントは以下の通り。

都市は、数多くの力と欲望の場である。

これらの力はどのようにして現れ、土地の表層に刻まれるのだろうか?

欲望や失望に関する物語は、どのような仕方で語られるのだろうか?

物理的な世界と社会的な世界の関係は、一体どうなっているのだろうか?

「Japan Story」はこうした問いのもとで、日本の都市化をめぐる物理的・社会的な変容を探ります。

ウェブサイトは主に以下の8種のジャンルで構成。
伊東豊雄氏へのインタビューや、札幌・東京・横浜・京都・大阪・広島の大通りや路地の状況・機能を図解した”The Japanese Boulevard“、吉本ばなな氏の長編小説『もしもし下北沢』の抜粋英訳など、すでに豊富なコンテンツが公開されている。

プロジェクトチームにはGSDで研究員を務める建築キュレーターの太田佳代子氏などが含まれているほか、竹中工務店の支援の下で行われていることも明記されている。

詳細


Cover Image: Screenshot on JAPAN STORY

記事をシェアする