今日のGD|新刊発売!『世界のSDGs都市戦略 ──デジタル活用による価値創造』+まち座ラジオ ほか

公開日:2021/07/21/最終更新日:2021/07/20

四六判・256頁・本体2400円+税

地球規模で複雑化する社会課題に都市はどう適応できるのか?レジリエンスをキーワードに、世界20の都市戦略と実践から持続可能な街づくりのヒントを読み解く。共通するのは共創による対話、課題発見と解決による価値創造。鍵となるのは協働、デジタル、コミュニケーション、そして一人ひとりの文脈に即したパーソナライズ。

著者

櫻井美穂子

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授。
2005年慶應義塾大学総合政策学部卒業、2015年同大学院政策・メディア研究科博士課程修了。専門分野は経営情報システム。博士(政策・メディア)。
慶應義塾大学大学院特任助教、日本学術振興会特別研究員(DC2)、アグデル大学(ノルウェー)情報システム学科准教授を経て、2018年より現職。

主要目次

1章 SDGs時代の未来都市──社会課題の捉え方
2章 世界の都市におけるSDGs戦略
3章 SDGs達成を支えるツール
4章 価値創造の鍵となるデジタル活用
5章 日本のSDGs事例にみるDX
6章 SDGs時代のスマートな社会デザイン

詳細はこちら

『世界のSDGs都市戦略 デジタル活用による価値創造』櫻井美穂子 著

 

まち座ラジオ「世界のSDGs都市戦略――デジタル活用による価値創造」スタート!

『世界のSDGs都市戦略-デジタル活用による価値創造』で紹介した20都市のとりくみから見えてきたことを、本書の著者であり国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授の櫻井美穂子さんにお話しいただきます。

VOL.1|20都市のとりくみから見えてきたこと

主な話題
  • 本書の特徴―都市の持続性に必要な世界の都市のアプローチを紹
  • 本書の3つのキーワード―システム思考・デザイン思考・デジタル活用
  • 櫻井先生の専門領域
  • レジリエンスという言葉が持続可能なまちづくりのキーワードに
  • DXは持続可能なまちづくりに重要
  • 印象に残った都市戦略―ブリストル・グラスゴー/イギリス
  • SDGs、デジタル活用に興味のある方はぜひ読んでほしい

詳細はこちら

まち座ラジオ「世界のSDGs都市戦略――デジタル活用による価値創造」スタート!

『サーキュラーエコノミー実践 ─オランダに探るビジネスモデル』刊行記念 連続トーク vol.1

安居昭博(『サーキュラーエコノミー実践』著者)×中石和良(一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン代表)

『サーキュラーエコノミー実践 ─オランダに探るビジネスモデル』の出版を期に、サーキュラーエコノミーの本質的な理解をさらに深めるために、オンラインの連続対談イベントを企画しました。

概要

  • 日 時:7/25(日)17時~
  • 場 所:オンライン
  • 登壇者:中石和良(一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン代表)、安居昭博(『サーキュラーエコノミー実践』著者)

詳細はこちら

『サーキュラーエコノミー実践 ─オランダに探るビジネスモデル』著者・安居昭博さん × サーキュラーエコノミージャパン代表・中石和良さん(2021/7/25|オンライン)

記事をシェアする