このイベントは終了しています

【終了】『協力のテクノロジー』著者・大社充氏出演|京都大学・観光セミナー デスティネーションマネジメントの手法と実践 ~DMO・行政が分担して担う「観光地域経営」を考える~(2022/3/29 オンライン)

公開日:2022/03/07

このイベントの主催者:主催 京大オリジナル株式会社、DMO推進機構/共催 経営管理大学院
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

DMOは、その名が示す通り「デスティネーション(観光目的地)」のマーケティングとマネジメントを担う機関として位置づけられています。官主導の傾向が強いわが国では、行政がデスティネーションマネジメントを担う領域が広く、DMOとどのように分担しながら観光地域づくりを進めているのか、DMO執行責任者からその取り組みを聞きながら、デスティネーションマネジメント手法としての『協力のテクノロジー』の可能性についても考えていきたいと思います。

内容

Session1

開会挨拶[京都大学経営管理大学院 特定教授 前川 佳一]
基調講演『デスティネーションマネジメントの考え方とその実践的な取り組み』
[DMO推進機構 大社 充]

Session2

事例紹介『DMOの取組みから学ぶ、デスティネーションマネジメントについての役割分担』

・事例1(地域連携DMO)「KIX泉州ツーリズムビューローの実践」
[一般社団法人KIX泉州ツーリズムビューロー 山田 一誠]

・事例2(地域連携DMO)「秩父観光おもてなし公社の実践」
[一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社 井上 正幸]

Session3

全体討議『実践のための「協力のテクノロジー」の可能性』
視聴者からの質疑応答

記事をシェアする