『コミュニティシップ 下北線路街プロジェクト。挑戦する地域、応援する鉄道会社』刊行記念|「街とデベロッパーの新しい関係づくり」|橋本崇×向井隆昭×小野裕之×吹田良平(2022/5/19 東京,オンライン)

公開日:2022/04/27/最終更新日:2022/05/16

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:本屋B&B

4月27日、学芸出版社より新刊『コミュニティシップ :下北線路街プロジェクト。挑戦する地域、応援する鉄道会社』が発売されました。

同書は、地域住民が街と積極的に関わり・楽しむ意識「コミュニティシップ」に溢れる、街づくりプロジェクト「下北線路街」の全貌を明らかにします。
この刊行を記念してトークイベントを開催します。

ゲストには、本プロジェクトを担当した編著者の橋本崇さんと向井隆昭さん、監修者の吹田良平さん、そしてボーナストラックを運営する散歩者の小野裕之さんをお迎えします。

イベントでは、主に以下のトピックを軸に、下北線路街プロジェクトの背景を深堀していただきます。

  • 下北線路街プロジェクトについて
  • 支援型開発とはなにか
  • 鉄道会社としてどのように地域に関わっていったのか
  • 住民とともに開発コンセプトを作るプロセスは順調だったのか
  • 賃料ではなく個店の価値を優先する仕組みはどう組み立てられたのか

みなさまのご参加をお待ちしております!

記事をシェアする