このイベントは終了しています

包摂的な都市と雇用に関する都市開発実務者向け対話型研修(TDD)(一般公開日:2022/5/24-25 オンライン)

このイベントの主催者:世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

  • 日時:2022年5月24日(火)午後8時~午後9時30分 / 2022年5月25日(水)午後8時~午後9時10分
  • 会場:オンライン (Zoom)
  • 参加費:無料
  • 詳細・申込:
    https://inclusivecities-tdd-jp.peatix.com/

都市は人と資源が集中する場所です。しかし、多くの途上国では、都市本来の経済力を引き出すことに苦戦しています。また、市民が平等に都市化のもたらす利益の恩恵を受けているわけでもありません。規制・制度環境が非効率であるゆえに、ビジネス取引にかかるコストも上昇しています。さらに、不十分なインフラ整備やサービスが、住民と事業者双方の生産性を妨げていることも少なくありません。歴史的・政治的な理由から土地管理に課題を抱え、不動産マーケットが機能不全に陥っている事例もあります。これら全ての根底にあるのは、地方ガバナンスの弱体化と、教育、技能などの総合的な人的課題を含むキャパシティ不足です。

世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)は、包摂的な都市と雇用に関する都市開発実務者向け対話型研修(テクニカル・ディープ・ダイブ:TDD)2日目と3日目の5月24日(火)と25日(水)の一部を一般公開します。一般公開日のテーマは「競争力のあるまちづくりの推進」と「貧困層のインフォーマル労働者の雇用確保と生計の支援」です。ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

記事をシェアする