このイベントは終了しています

【終了】復興デザイン会議 第2回全国大会 ポストコロナの都市像を描く − 現場・規範・理論−(2020/12/05,06|オンライン)

このイベントの主催者:復興デザイン会議
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

自らに向けた問いを更新し続けながら,傷ついた地域に踏みとどまり, 復興の現場で格闘を続ける実践者と,長い時間,災害と地域の営みの機構・規範の解明に取り組む続ける研究者が,互いに向き合い,自らの取り組みをもとに,分野や立場を超えた議論を徹底的に行うこと,そのことによって,来るべき巨大災害と常態化する地域の危機の解決と復興に向けた理論の構築・知見の体系化を行うこと,その推進のための実践的な研究者と実践者のネットワーク構築を目指して,復興計画デザイン会議の第二回全国大会を開催します.

概要

  • 日時:2020年12月5日(土)・6日(日)
  • 開催:オンライン開催
  • 参加費:無料

プログラム(※変更の場合があります)

2020年12月5日(土)

  • 09:30-11:30 開会・U30復興デザインコンペ公開審査会(ポスターセッション)
  • 12:15-13:45 防災地理部 私たちのまちと事前復興を考える
  • 13:50-15:45  U30 復興デザインコンペ 公開審査会・表彰
  • 16:00-17:00 基調講演「美波町の事前復興の現場から」 影治 信良(徳島県 美波町長)
    討議者:野本 粋浩(国土交通省 四国地方整備局)、小野 悠(豊橋技術大学)
  • 17:00-18:30 セッション1:Habitat Recovery from Disasters 災害からの人間居住の復興を考える(言語:英語)
    Paola Rizzi(サッサリ大学)
    Dastid Ferati(東京大学)
    森川真樹(ポリス大学/国際協力機構)
    コーディネート:益子智之(早稲田大学)
  • 18:45-19:30 第2回復興研究論文賞/復興政策・計画・設計賞の表彰式

2020年12月6日(日)

  • 09:00-10:30 若手・学生による復興デザイン研究発表(4題)
  • 10:30-12:00 セッション2:首都大災害,いかに備え,いかに復旧するか
    目黒公郎(東京大学)
    廣井悠(東京大学)
    佐藤伸朗(東京都公園協会)
    コーディネート:浦田淳司(東京大学)
  • 12:10-12:55 U30復興デザイントーク
    コーディネート:井本佐保里(日本大学)
  • 13:00-14:00 基調講演 佐藤滋(早稲田大学都市・地域研究所)
    「復興デザインにおける理論と実践」 福島県浪江町におけるまちづくりNPO新町なみえとの協働の現場から
    コーディネート:井本佐保里(日本大学)
  • 14:00-15:30 セッション3:重ね合わせの復興計画、現場での実践と理論化に向けて
    岡村仁(株式会社KAP)
    江川直樹(関西大学)
    益尾孝祐(愛知工業大学/アルセッド)
    菊池雅彦(国土交通省)
    コーディネート:芝原貴史(東京大学)
  • 15:45-17:15 「全体フォーラム:各地域の現場から」

詳細・申し込みはこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScDpdIOLvHrCcFs10P9DAKE81IaQ4ZQo4intLfKEB91EaAwXg/viewform

締切:2020/12/04

記事をシェアする