このイベントは終了しています

【終了】Rooftop Salon vol.2「まちの余白を活用する」ゲスト:笹尾和宏さん(『PUBLIC HACK』著者)(2020/10/10|京都・オンライン)

このイベントの主催者: 一般社団法人福知山ワンダーマーケット
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

例えば、自分のゴムボートを街中の河川に浮かべてボタリングしたり、通行の邪魔にならない路上に食事やテーブルを持ち出してディナーパーティーを楽しんだり。

本当はもっと自由にまちを楽しんでもいいんじゃない?

そう思わせてくれるのが、書籍『PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う』です。「PUBLIC HACK」とは、個人が公共空間で好きなように過ごせる状況を実現すること。、誰かによってつくられた賑わいを享受するのではなく、自分でまちの魅力を見出して楽しむ。本書にはその必要性や具体的な方法が書かれています。

10月10日(土)開催の【Rooftop Salon vol.2】では、『PUBLIC HACK』の著者・笹尾 和宏さんをゲストにご招待。

書籍以外にも、都市を活かして自由に遊ぶ「アーバンアウトドア」、大阪市内の河岸空間を活かした「水辺のまち再生プロジェクト」、”とんち”の効いた地域活性・課題解決を目指す「特定非営利活動法人とんがるちから研究所」など、幅広く取り組んでいる方です。

今回、【まちの余白を活用する】をテーマに、笹尾さんと福知山の公共空間を活かした新しいまちづくりの可能性を探ります。もっと自由に、もっと私的に。自分が暮らすまちの楽しみ方を考えてみませんか?

ゲスト:笹尾 和宏(ささお・かずひろ)

水辺のまち再生プロジェクト事務局所属、NPO法人とんがるちから研究所研究員。大阪市内の河岸空間や橋の上、河川水域を活用したイベントを数多く実施。 水辺をはじめ路上や公園、公開空地などの公共空間に視野を広げ、「自由使用」の視点にたった生活目線の実践・提案を行う。著書に『PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う』(学芸出版社)ほか。

こんな人におすすめ

  • 自分が暮らすまちに不自由さを感じている人
  • 公共空間の活用を考えている人
  • 自分の活動とまちづくりを掛け合わせたい人
  • 地域活性やまちづくりに関心のある人
  • 地域活性を日常に取り入れたい人
  • 個人で始められるまちづくりに関心のある人
  • おもしろいことに取り組んでみたい人

応募方法

  • 開催日 :2020年10月10日(土)19:00〜21:00
  • 応募締切:2020年10月8日(木)
  • 開催場所:古本と珈琲 モジカ(まちのば)屋上
  • 参加費①:3,000円(軽食・飲み物付き)
  • 参加費②:1,556円(オンライン参加の場合)
  • 定員  :先着20名
  • 連絡先 :wonderfukuchiyama@gmail.com
  • 申込方法:専用の申し込みフォームよりご応募ください

オンラインチケットの購入

オンラインで参加される方は、以下よりご精算をお願いいたします。

チケットを購入する

・ご請求金額:1,556円(税込)
・金額の内訳:参加費 1,500円+決済手数料 56円
・入金の期限:2020年10月8日(木)まで
・お支払い可能なクレジットカード:Visa、Master、Amex

※チケットのご購入では正式申込にはなりません。お手数ですが、上記の「申し込みフォーム」からの応募も合わせてお願いします。

その他詳細

Rooftop Salon vol.2【まちの余白を活用する】笹尾 和宏さん

記事をシェアする