このイベントは終了しています

【終了】地域文化芸術を編集する実践講座|地域の文化・芸術活動助成事業研修プログラム(2021/02/16-17|京都)

このイベントの主催者:京都府中丹広域振興局
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

京都府では、府域における文化活動の振興を図るため、丹後、中丹、南丹、山城の4地域で文化・芸術活動を担う、もしくはこれから担っていく人材を育成するための研修プログラムを実施しています。その一環として、中丹管内では2月16日(火)から17日(水)にかけて、地域における文化活動を担う行政職員やNPO職員、地域アーティスト、コーディネーターなどを対象として、編集者であり日本各地でローカルメディアの企画立案をおこない、地域の視点から街をとらえることをおこなっている影山裕樹氏、またアーティストとして、パフォーマンス、ワークショップなど多岐にわたる芸術活動を実践している増本泰斗氏の二人を講師に迎え、編集の視点から事業企画の課題を抽出し、継続的に活動していくための講座やワークショップを実施します。

*2月7日以降に、京都府において発令中の緊急事態宣言が延長された場合、プログラムの内容がオンラインでの実施となる場合がございます。その場合の実施方法については申込者に個別にてご案内いたします。

概要

  • 日時:2021年
    2月16日(火)13:30-17:00
    2月17日(水)13:00-17:00
    両日13時より会場にて受付
  • 参加費:無料
  • 会場:福知山市中央公民館/市民交流プラザ(福知山市駅前町400)
  • 講師:影山裕樹、増本泰斗

プログラム内容

2月16日(火)13:00−13:30 開場・受付

①13:30 – 14:15 講義1
「ローカルな視点でまちを編集する」講師:影山裕樹

編集者としての活動の紹介から、企画立案、実施における方法論、またそこから見えてくる課題への取り組みかたについて講義していただきます。

②14:15 – 15:00 講義2
「アーティストとして街にどうかかわるか」講師:増本泰斗

アーティストとして、また様々な企画立案によって街と関わることを続けてきた増本氏に過去の活動について紹介してもらいます。

③15:15 – 16:15 ワークショップ1
「ローカルメディアを考えるワークショップ」講師:影山裕樹

街の魅力や地域資源などを無作為に抽出したカードを用いて、有効なメディアや企画を組み立てる方法論を探るワークショップを実施します。

④16:30 – 17:00 ワークショップ2
「課題抽出検討ワークショップ」講師:影山裕樹+増本泰斗

参加者が事前アンケートにて提出した書類から課題を抽出したうえで、翌日のワークショップにつなげます。

2月17日(水)13:00−13:30 開場・受付

①13:30 – 16:00 ワークショップ
「企画立案実践ワークショプ」講師:影山裕樹+増本泰斗

事前アンケートや前日に抽出した課題をふくめ、地域性をふくめ議題を提出し、グループにわかれて企画を組み立てるワークショップを実施。

②16:00 – 16:45 ディスカッションとまとめ

申し込みはこちら

https://www.kyoto-artsconsortium.jp/news/2021/01/19/445/?fbclid=IwAR2MmoRP-N9pbjoU8z9EFcQNPY7uD91qCxCGwjWzuBkInk2da5y7_fh8M7g

記事をシェアする