【受付終了】タクティカル・アーバニズムの実践手法を学ぶ|タクティカル・アーバニズム マスタークラス(2019/12/13|東京)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

タクティカル・アーバニズムの実践手法を学ぶ、1Day研修、
日本初のタクティカル・アーバニズムマスタークラスを開催します。

タクティカル・アーバニズムマスタークラスでは、具体的な実践フィールドとして、神田エリアを対象とし、参加者は具体的なフィールドの提案を行います。
都市、建築、ランドスケープ、パブリックスペース、まちづくりに関わる実践者が、具体的なメソッドと考え方などのタクティカル・アーバニズムの手法を学び、フィールド提案を行う、アクティブラーニング型の研修です。
そして、神田サロンでは、神田にまつわる方々、行政、一般の方を招いて、の提案発表、ディスカッション、パーティでの交流を行います。

ぜひご参加ください。

日時

2019年12月13日(金)10:00-21:00(開場:9:30)

会場

3 × 3 Lab. Future
(東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1F)

対象

タクティカル・アーバニズムの実践手法を学びたい方

定員

30名程度

言語

逐次通訳

講師

マイク・ライドン/Mike LYDON
アンソニー・ガルシア/Anthony GARCIA

プログラムディレクター

泉山塁威(東京大学助教/ソトノバ)
田村康一郎(Place Capital Lab./ソトノバ)

サポートディレクター

矢野拓洋(首都大学東京特任研究員/IFAS/ソトノバ)
近藤早映(東京大学特任助教)
三浦詩乃(横浜国立大学助教/ソトノバ)

アドバイザー

中島 伸(東京都市大学講師)

タクティカル・アーバニズムマスタークラス内容

・タクティカル・アーバニズムの概要
・フィールド対象地:神田エリアのフィールドワーク
・タクティカル・アーバニズム実践手法レクチャ(48×48×48フレームワーク)
・タクティカル・アーバニズム実践手法によるフィールド検討
・神田サロン:神田にまつわる方々とのディスカッション

主催

タクティカル・アーバニズム・ジャパン(一般社団法人ソトノバ)

詳細・申込み

https://tacticalurbanismjp05.peatix.com/

※早割申込締切は、12月6日(金)です。

ほか

発表会・意見交換を行う、神田サロンのみのご参加の方は、こちらからお申し込みをお願いいたします。

タクティカル・アーバニズム 神田サロン
https://tacticalurbanismjp06.peatix.com/

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ