ホテルに住まう「帝国ホテル サービスアパートメント」事業開始

タグ:
公開日:2021/02/03/最終更新日:2021/06/23
  • 帝国ホテル東京が「帝国ホテル サービスアパートメント」事業を開始した。旅館業法に則った事業で、既存のものに比べて気軽に始められるのが売りの1つ。第二の仕事場、セカンドハウス、また企業のBCP対策での活用が期待されている。
  • 今回、タワー館の客室3フロアを改装し、3タイプからなる99室が用意された。エレベーターホール前にはセキュリティドアが設置され、安全面も考慮されている。最低利用は5泊、月額料金も設定され長期滞在も可能。
  • すべての客室にキッチンや大型冷蔵庫等は設置されていないが、専属アテンダントが24時間対応し、食事や洗濯はサブスクリプション方式で提供される。そのほかに、駐車場、会議室やプール等ホテル施設の利用と、共同利用スペースで朝食のパン、ホテルラウンジではコーヒー・紅茶が無料で提供されるなど、既存のホテルサービスが活かされた仕組み。予約は2021年2月1日から、3月15日から利用が開始する。

詳細はこちら

「ホテルに住まう」新しい価値の提案 サービスアパートメント事業を開始 『帝国ホテル サービスアパートメント』― APARTMENTS AT THE IMPERIAL ―

(2021/02/01|帝国ホテル)

https://www.imperialhotel.co.jp/j/company/release/2020/apartments_at_the_imperial.html