コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所 著

内容紹介

“職能消失時代”に大学は何をすべきか?

企業が直面する課題が複雑化する中、従来とは異なる資質をもった人材が求められている。その波は当然、大学の教育機能にも大きな影響を及ぼしている。一説では人工知能や機械化などテクノロジーの発展は、20年後には約半分の職能を奪うと指摘されており、これから社会に羽ばたく学生の多くが、将来的に現存しない職に就いている可能性が高い。大学は学生を送り出すための器として、これから教育や研究の方法、施設に何を求めるべきなのだろうか? また大学自身のビジネス環境として、少子化、グローバル化が進み大学間での学生の奪い合いが起こる中、どのような活路を見出すべきなのか? 今号ではこうした社会変化に対応したカナダの先進事例を取り上げ、企業人材の源流のひとつである大学の未来像を探求する。

体 裁 A4変・88頁・定価 本体800円+税
ISBN 978-4-7615-0911-8
発行日 2016/04/19


目次著者紹介

特集1 クリエイティブスクールの未来 カナダの大学が取り組む新しい実践知

Case1

The York University Lassonde School of Engineering/ヨーク大学がチャレンジするエンジニア教育再生の拠点

Case2

The University of British Columbia Faculty of Pharmaceutical Sciences/互いをつなぐ学習体験が薬剤師のハブ人材を育てる

Case3

The University of Toronto Rotman DesignWorks & the Rotman School of Management/デザインシンキングに通じた経営人材を育成する大学院

Wrap-up

山下正太郎/大学は知を「育てる」から「触発する」場へ

Interview

ロジャー・マーティン(経営学者)/企業の意思決定をサポートするデザインシンキング

特集2 集まる意味を問い直す大企業 リモートワーク時代の場のデザイン

Case4

Microsoft/チーム毎の個性を最大化 R&D系オフィスの新潮流

Case5

MEC/アイデアをすぐに具現化するグリーンな基地

Case6

Telus/5割の社員がオフィスにこない、働き方満足度No.1企業

コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所

世界の先端をゆく組織の働き方やオフィス空間を紹介する、2011年創刊の情報誌。
「働く環境のリデザイン」という視点から、経営の課題にアプローチする、ワークスタイル戦略を提案する。
現代のワークスタイルを考える企業のキーパーソンに向けて、海外の最新情報を発信し続けている。

ワークスタイル研究所は、ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、
多様な働く環境を提供するコクヨ株式会社の研究機関として調査研究・情報発信を行う。

関連記事|Related Article

公開され次第、お伝えします。