国交省が「PLATEAU ver1.0」をリリース 2020年度内で全国56の3D都市モデルの整備完了

タグ:
公開日:2021/03/31/最終更新日:2021/06/23
  • 国交省主導で都市のデジタルツインに向けたプラットフォームを構築する「Project PLATEAU」が2020年度の事業として、全国56都市の3D都市モデルの整備を完了し、44のユースケースを公開したと発表した。公式ウェブサイト”PLATEAU ver1.0”のリリースと共に、東京23区の3D都市モデルのオープンデータを公開した。また、技術協力する一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会の「G空間情報センター」における3D都市モデルのオープンデータ化を開始する。
  • 3Dモデル都市をウェブブラウザ上で閲覧できる「PLATEAU VIEW1.0」には、以下の機能と多数の情報が追加された。事業内容として掲げられた通りデジタルツインの基盤となる3D都市モデルが多数追加され、まちづくりへの活用に必要な人の流れやインフラ関連の情報が追加されている。

    階数、建築年の絞り込み機能を追加。
    属性情報の色分け表示機能を追加
    建物ID・フリーワード検索機能を追加
    東京都23区のユースケースを追加
    – 丸の内エリアのビーコンデータを追加
    – 新宿駅モザイク通りの人流データ(カメラ映像解析)を追加
    – 江東区豊洲エリアの人流データ(3D LiDAR)を追加。

    15都市のユースケースを追加
    – 北海道札幌市 :人流データ(屋内人流センサー)を追加
    – 新潟県新潟市 :都市計画データ(新潟駅前広場整備イメージ)を追加
    – 福島県いわき市:湯本温泉駅周辺のシティプロモーションVRアプリを実装
    – 栃木県宇都宮市:人流データ(カメラ映像解析)を追加
    – 神奈川県横浜市:人流データ(赤外線センサー)を追加
    – 神奈川県箱根町:人流データ(GPS)を追加
    – 石川県金沢市 :都市計画データ(景観形成区域等)を追加
    – 静岡県沼津市 :人流データ(プローブパーソン調査)を追加
    – 愛知県名古屋市:都市構造変遷データ、人流データ(GPS)を追加
    – 大阪府大阪市 :都市構造変遷データを追加、新大阪駅周辺の開発計画シミュレーションVRアプリを実装
    – 鳥取県鳥取市 :千代川の時系列浸水シミュレーションを追加
    – 広島県呉市  :人流データ(GPS)を追加
    – 愛媛県松山市 :人流データ(3D LiDAR)を追加
    – 福岡県北九州市:人流データ(Wi-Fiパケットセンサー、4G/LTEセンサー)を追加
    – 沖縄県那覇市 :人流データ(カメラ映像解析・Wi-Fi人口統計データ)を追加

    鬼怒川等の洪水浸水想定区域の3D表示モデルを追加
    北九州市等の土砂災害警戒区域の2D表示モデルを追加
    12都市の3D都市モデルを追加
    – 北海道札幌市
    – 栃木県宇都宮市
    – 神奈川県横浜市
    – 神奈川県箱根町
    – 静岡県沼津市
    – 愛知県名古屋市
    – 大阪府大阪市
    – 鳥取県鳥取市
    – 広島県呉市
    – 愛媛県松山市
    – 福岡県北九州市
    – 沖縄県那覇市

  • 同事業では、2021年度からスマートシティなどまちづくりのDX基盤になるため「3D都市モデルの整備・更新・活用」に向けた「Ver2.0」に取り組む。具体的には「簡易・効率的な整備・更新手法の開発、自動運転やロボット運送等のユースケース開発の深化、街路空間(歩道・車道)や街路樹・標識など緻密なスケールでのデータ整備手法の確立」が上げられている。

詳細はこちら

Project PLATEAU ver1.0をリリース
―全国56都市の3D都市モデル整備とユースケース開発が完了―

(2021/03/26|国土交通省)

https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi03_hh_000074.html