ヘルシンキ市内の石炭発電所を大規模な芸術拠点施設に改装 向こう10年の文化政策をまとめた“Art and Culture in Helsinki 2030”で計画が明らかに

タグ:
公開日:2020/08/26/最終更新日:2021/03/01
Matti Mattila / CC BY
  • フィンランドの首都・ヘルシンキ市当局が、向こう10年間の芸術・文化政策ビジョンをまとめた文書 “Art and Culture in Helsinki 2030” を発表した。
  • このなかで、港湾部の工業地帯に建つ「ハナザーリ発電所」(Hanasaari power plant)を、“文化・科学技術・持続可能な発展のための中心施設に転用する”計画が盛り込まれている。
  • ハナザーリ発電所は、1960~70年代にかけて稼働を開始した2つの棟(A棟・B棟)からなる石炭発電所。A棟は2000年に閉鎖されており、B棟もバイオマス発電への転換を念頭に2024年までに閉鎖されることが決まっている。
  • 同発電所に近い元工業地区(Suvilahti)にある旧ガス工場は、かねてからヘルシンキ美術館の移転先として検討されており、今回の計画はその構想とも連動しているとみられる。

詳細

Art and Culturein Helsinki 2030

https://www.hel.fi/static/liitteet-2019/KuVa/julkaisut/Art-and-Culture-in-Helsinki-2030.pdf

The next Tate Modern? Helsinki power plant to become vast new arts hub under city masterplan

https://www.theartnewspaper.com/news/power-plant-in-helsinki-to-become-vast-new-arts-hub

Helsinki Energy considers bio-fuel for Hanasaari power plant

https://web.archive.org/web/20121021222031/http://www.hs.fi/english/article/Helsinki+Energy+considers+bio-fuel+for+Hanasaari+power+plant/1135234442473

Helsinki Art Museum weighs move to old Suvilahti gasometer

https://yle.fi/uutiset/osasto/news/helsinki_art_museum_weighs_move_to_old_suvilahti_gasometer/11195289

記事をシェアする