今日のニュースレター|6.24渡邊崇志×田村あや『ゲストハウスがまちを変える』出版記念イベント ほか

公開日:2022/06/21

***学芸出版社からお知らせです***
担当編集はもちろんですが、営業部の若手エースが奔走してくれ、本日も書店関連のお知らせが2件もあります!池袋・名古屋付近の方はぜひお立ち寄りくださいね。(編集F)

渡邊崇志×田村あや『ゲストハウスがまちを変える』出版記念イベント(2022/6/24 福岡,オンライン)

※このイベントの主催者:ブックスキューブリック

日時:2022年6月24日(金)19時スタート(18時30分開場)
会場:ブックスキューブリック箱崎店2F カフェ&ギャラリー・キューブリック
(福岡市東区箱崎1-5-14、JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
出演:渡邊崇志(株式会社宿場JAPAN代表取締役)
田村あや(『TRAVEL UNA』編集長)
司会:大井実(ブックスキューブリック店主)
参加費(要予約):
1)会場参加:2,000円(1ドリンク付)
2)会場参加+書籍付:4,000円(1ドリンク付)通常より500円ほどお買得です!
3)オンライン参加:1,000円  4)オンライン参加+書籍付:3,500円(送料込)通常より500円ほどお買得です!

『ゲストハウスがまちを変える-エリアの価値を高めるローカルビジネス』の刊行を記念して、著者の渡邊崇志さんと、雑誌『TRAVEL UNA』編集長の田村あやさんをお迎えしトークイベントを開催します。

13年前に品川で開業した「ゲストハウス品川宿」を起点に、これまで4軒の宿を運営し、全国で開業希望者を支援してきた宿場JAPANの渡邊さん。

一方、田村あやさんは2020年に日本語と英語の二か国語によるトラベルガイド『TRAVEL UNA(トラベル・ユーナ)』を出版し、クラフト&アート体験ツアーをスタート。昨年は、八女市に古民家を改装し本屋を併設した宿「Craft Inn 手 [te]」 を開業しました。

トークイベントでは、お二人の取り組みをご紹介しながら、日本のゲストハウスカルチャーの変遷と魅力、宿泊業でまちを面白くするヒントやローカルビジネスの可能性など、ざっくばらんに語りあっていただきます。 会場とオンライン配信で開催いたしますので、是非多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【ゲストプロフィール】

渡邊崇志

株式会社宿場JAPAN 代表取締役。1980年生まれ。明治大学商学部卒業。リッツカールトンなど複数のホテル勤務を経て、2009年外国人旅行者向け宿泊施設「ゲストハウス品川宿」を開業。2011年株式会社宿場JAPANを創業し、地域融合型宿泊事業のビジネスモデルを構築する。東京で一番小さいホテル「Banba Hotel」「Araiya」、アパルトマンタイプの民泊「kago#34」を運営。また、2011年からゲストハウス開業希望者を支援する事業も展開し、これまでに全国7地域で実現。

田村あや

1980年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院文学研究科修了。2015年に福岡に移住し、2019年UNAラボラトリーズに参画。国内旅行業取扱管理者。2020年に日本語と英語の二か国語によるトラベルガイド「TRAVEL UNA(ユーナ)」を出版し(3号まで発売中)、夏にはクラフト&アート体験ツアーをスタート。2021年八女市に古民家を改装し、本屋を併設した宿「Craft Inn 手 [te]」 を開業。

詳細・申し込みはこちら

6/24『ゲストハウスがまちを変える』刊行記念 渡邊崇志×田村あやトークイベントを開催します。

 

環境デザイン ジュンク堂書店池袋本店にて『建築家・SUEP.』フェア開催中!

建築家ユニット・SUEP.の新刊『開放系の建築環境デザイン』(学芸出版社)、『SUEP. 10 Stories of Architecture on Earth』(TOTO出版)の発売を記念して、ジュンク堂書店池袋本店にて『建築家・SUEP.』フェアを開催中です!

新刊のほか、SUEP.選書の「自然から学ぶデザイン7選」、末光弘和さんの出身事務所である伊藤豊雄さんの関連書も展開しております。
『開放系の建築環境デザイン』をジュンク堂書店池袋本店にてお買い求めいただくと、SUEP.のサイン入りポストカードをお渡ししております。
ぜひお越しください!

【会場】ジュンク堂書店池袋本店7階理工書フロア建築書フェアコーナー
【期間】 開催中~

三省堂書店名古屋本店で『日常の絶景 知ってる街の、知らない見方』写真展開催中!

理工書フェア台に厳選した写真パネルと一緒に書籍を展開してもらっています! ぜひご覧ください!

【場所】三省堂書店名古屋本店 理工書フェア台(G09)
【期間】開催中~

記事をシェアする