『タクティカル・アーバニズム』出版1周年記念トーク@うめきた外庭SQUARE(2022/7/8 大阪,オンライン)

公開日:2022/06/17

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:一般社団法人ソトノバ

  • 日時:2022年7月8日(金)19:00~21:00
  • 会場:うめきた外庭SQUARE(大阪府大阪市北区中津5丁目2)+オンライン
    • 雨天時:UMESHIBA-BASE(室内)(大阪府大阪市北区芝田2丁目5-1)
  • 参加費:
    • 1)リアル会場:イベント参加(無料) ※雨天時室内先着20名
    • 2)リアル会場:イベント参加(無料) ※雨天時オンライン20名
    • 3)オンライン会場:イベント参加+書籍『タクティカル・アーバニズム』(2,970円) ※イベント前発送・申込期限:7/4
    • 4)オンライン会場:イベント参加+書籍『タクティカル・アーバニズム』(2,970円) ※イベント後発送・申込期限:7/8
    • 5)オンライン会場:イベント参加のみ
  • 詳細・申込:
    https://sotonoba.place/20220708tacticalurbanism

2021年6月に、「タクティカル・アーバニズム 小さなアクションから都市を大きく変える」を出版しました。

この本では、国内のタクティカル・アーバニズムへの実装や社会実験が単発化しないための考え方や手立てなどについてタクティカル・アーバニズムにまつわる理論、実践事例を体系的にまとめています。

この本は、アメリカで出版された「Tactical Urbanism」の翻訳本ではなく、2019年に開催したTactical Urbanism Japan 2019の一連のプログラムの登壇者を中心に、Tactical Urbanismの提唱者であるマイク・ライドン、アンソニー・ガルシアのほか国内の研究者、実践者たちが執筆を寄せました。

開発と共に生まれる公園も整備される中で、暫定活用プロジェクト(XS)から、広大な公園整備とそのマネジメント(XL)への接続やつながりについて、タクティカル・アーバニズムの編著者と共に議論してみたいと思います。
ご関心の方はぜひご参加ください。

記事をシェアする