【受付終了】湯けむりフォーラム「官民連携まちづくりシンポジウム」

主催 湯けむりフォーラム
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

既成概念をぶっ飛ばせ!公民連携の構想力と行動力

私たちの身の回りにある公園や学校、行政庁舎をはじめとした公共施設。こうした施設は「公共空間」と呼ばれ、人々の憩いの場であり、日々の暮らしを支えるインフラでもあります。
しかし、「公共空間」を管理する行政の財政は人口減少等によって年々厳しさを増しており、これまで通りのやり方では施設を維持することすら難しくなるケースも増えています。

このような状況の中、これまでにない多様なアプローチで「公共空間」を有効活用している事例が全国各地で生まれはじめています。
今回は、そうした事例や、取り組みを牽引するプレイヤーの情報、使われなくなった「公共空間」の物件情報などを発信するメディア「公共R不動産」のディレクター・馬場正尊さんをお招きし、実際に課題となっている群馬県内の公共空間を題材にして、『こうなったらいいよね!』『こうすれば上手く使える!』といった妄想トークを展開します!

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ