都市へのモチベーションをつむぐ 〜都市の問診 × アーバニスト〜(2022/5/20 東京,オンライン)

公開日:2022/05/11

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:シティラボ東京

  • 日時:2022.5.20 19:00-20:30(5.19受付締切)
  • 会場:シティラボ東京/オンライン(ハイブリッド開催)
  • 参加費:現地参加1500円(限定40名)、オンライン参加1200円、他学生割引あり
  • 詳細・申込:
    https://city-lab-tokyo-inquiry-urbanist.peatix.com/

■都市に専門家はどう関わるか?

2022年4月に饗庭伸さんの著書『都市の問診』 が鹿島出版会から出版されました。

本書は、都市計画に関わる専門家が今後どのように都市に介入していくべきかを議論するもので、都市と向き合う専門性とは何か、これからの都市をつくる人とはどんな人か? という問いにヒントを与えてくれます。

本イベントでは、饗庭伸さん、2021年に著書『アーバニスト』 を出版された中島直人さん、2018年に著書『マーケットでまちを変える』を出版された鈴木美央さんの3名にお越しいただき、「都市へのモチベーションをつむぐ」というテーマのもと、人々の都市への介入の在り方、そして専門家が持つべきスタンスについて議論します。人々の価値観が多様化し、情報の往来が加速し、社会の不確実性が高まるなか、「計画」や「設計」の考え方は大きな転換期を迎えています。本イベントを通して、都市に関わる人々にとっての指針となるような軸を模索したいと思います。

記事をシェアする