【受付終了】都市と地方は、生かしあえるのか。

主催 東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

8/20(木)18:00より、環境的未来型 馬場未織氏オンライン講演会「都市と地方は、生かしあえるのか。」を開催いたします。

今回はZoomウェビナーを使ったオンライン開催となります。こちらのURLからお申込みいただくと、ご入力いただいたメールアドレスにZoomのURLとパスワードが届きます。(※本学科在学生は申込不要です。ご不明点のある方は、建築・環境デザイン学科準備室までお問い合わせください。)

山形に住む地域の皆さまはもちろん、卒業生の皆さまや、建築・環境デザイン学科に興味のある高校生や保護者の皆さまにも、一緒に考えることのできる内容になるかと思います。是非多くの方のご参加をお待ちしております。

概要

  • 日時:2020年8月20日(木)18~20時
  • 場所:zoom
  • 参加費:無料

馬場未織氏コメント

平日は東京都心、週末は千葉県南房総に暮らすという「二地域居住」を2007年から続けています。地元と都市のメンバーが一体となりNPO法人南房総リパブリックを立ち上げて、今年で丸9年です。
都心と里山で並行して暮らしていると、この時代に起こるさまざまな出来事が立体的に見えてきます。3月からのコロナ禍も然り。これから都市と地方は生かしあえるか、わたしたちは究極的にはどんな暮らし方を望むのか、考えてみたいと思います。

詳細はこちら

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ