このイベントは終了しています

【終了】多拠点居住プラットフォームを通じた空き家活用と関係人口づくりの実践|比較住宅都市研究会(2021/9/6 オンライン,東京)

このイベントの主催者:比較住宅都市研究会
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

空き家等を活用した多拠点居住プラットフォームのADDressは、スタートから約2年で160以上の拠点数となり、全都道府県に広がるまでになりました。人口減少に苦しむ地方の空き家問題を解決しながら、同時に関係人口や移住者を生み出していくビジネスモデルが注目され、全国の自治体との提携も広がっています。特に直近ではコロナ禍の影響で、リモートワークがOKになった企業が増えたこと、そして大都市ではなく地方や郊外に暮らしてみたいというニーズの高まりも追い風となり、10代から70代まで幅広い年齢層の会員も増えています。創業当初から事業開発に携わる立場から、ADDressによって生まれている「新たなライフスタイルの実態」「受け入れ地域側のメリット」「民泊やゲストハウスとの違い」「地域コミュニティとの関係性構築」など、現場での実例を交えてお伝えします。

日時

2021年9月6日(月)18時30分~20時30分

場所

現地

都立大学同窓会 八雲クラブ
ニュー渋谷コーポラス10階 1001号室
渋谷駅 徒歩5分 渋谷区宇田川町12-3 電話 5489-8123

オンライン

参加費

現地

1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)

オンライン

600円

講師

池田亮平氏(株式会社アドレス事業開発部)

東京大学文学部在学中、NPO法人アイセック・ジャパンで人事責任者。2003年より株式会社リンクアンドモチベーションにてコンサルティングと経営企画業務。2008年よりソニー生命保険株式会社にてライフプランナーを約10年。2018年に独立後は、ファイナンシャルプランニングと併せて、非金銭資本を重視したライフデザインを実践しながら提供。現在は株式会社アドレスで事業開発業務に携わる。

申し込みはこちら

http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

参加希望者は、前日までにメールで所属と名前、ネット参加希望とご連絡ください。peatixのシステムによる支払をするだけではなく、メールにて参加申し込みをお願いします。

問い合わせ・申込み先

比較住宅住宅研究会事務局 海老塚良吉
E:mail:ryou.ebizuka@nifty.com

記事をシェアする