【受付終了】まちと公共空間のデザインマネジメントin Fukuyama(2018/10/20)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

シンポジウム「まちと公共空間のデザインマネジメントin Fukuyama」

近年、道路や公園等の公共空間を積極的に活用したまちづくりが行われるようになってきた。公共空間は短期的なイベントやお祭りの場のみならず、都市生活の豊かさを創出する生活空間インフラとして再認識されている。テーブルとベンチが置かれることで、通過する場が談笑の始まる場に生まれ変わり、都市の生活は彩りを増す。
これからの公共空間のデザインについて、全国のトレンドを探り、福山駅周辺での取組の方向を考えたい。都市生活を豊かにする機能や形態のみならず、管理者(公共)と利用者(市民)を取り込むデザインプロセスや管理運営の在り方などの議論を深めたい。

主 催:日本建築学会中国支部都市計画委員会
共 催:福山商工会議所、OPEN STREET FUKUYAMA 実行委員会
後 援:福山市
日 時:10 月 20 日(土)10:00~12:00(開場 9:30)
会 場:まなびの館ローズコム中講義室 福山市生涯学習プラザ(福山市霞町 1-10-1
中央公園内)
講 師:野原 卓(横浜国立大学大学院准教授)
対 象:どなたでもご参加ください。
定 員:100 名(当日先着順)
参加費:無料
申込み:事前申込み不要。直接会場へお越しください。
問合せ:福岡市立大学都市経営学部 岡辺

詳細
http://bit.ly/2O3trzx

◎関連書籍◎
『まちをひらく技術』オープンシティ研究会・岡村祐・野原卓 他著 / 国内外22事例の企画運営ノウハウと創意工夫 / http://bit.ly/2JTBZKM

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ