【受付終了】第56回『都市問題』公開講座|「景観まちづくり」の過去・現在・未来

主催 後藤・安田記念東京都市研究所
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。
  • 日時:2024年7月20日(土)13時00分~16時00分
  • 会場:日本プレスセンター10階ホール(千代田区内幸町2-2-1)
  • 参加費:無料
  • 詳細・申込:http://timr.or.jp/toshimondai/index.html

内容

日本各地には魅力的な景観があふれている。それぞれの地域では、住民の努力、行政による規制や誘導、民間企業の協力など、公・共・私が多様な役割を担いながら、その土地ならではの景観を守り、育んでいる。景観は生活者の身近に存在し、それを継承していくことは、地域への愛着にもつながる。2024年は景観法制定から20年で、景観まちづくりの大きな節目の年にあたる。景観まちづくりの現状を住民・行政・民間企業の役割に着目しながら整理するとともに、生活者にとって魅力的な景観まちづくりのあり方について考えたい。

・基調講演
赤羽 祐哉 氏(八王子市 拠点整備部 市街地整備課)
小島 富佐江 氏(京町家再生研究会 理事)
福島 秀哉 氏(株式会社 上條・福島都市設計事務所 共同主宰)

・パネルディスカッション
(司会)西村 幸夫 氏(國學院大學観光まちづくり学部長)
赤羽 祐哉 氏/小島 富佐江 氏/福島 秀哉 氏

記事をシェアする