人生100年時代の都市デザイン出版記念イベント ソーシャルインフラの多様な展開と都市デザイン

主催 学芸出版社
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

内容

人生100年時代の多様なライフシーンの実現を支える環境とは、どのようなものでしょうか。
このセミナーでは、「センシブルプレイスメイキング」、「パラレルライフデザイン」、「ライフシフトが生み出す都市のオルタナティブ」など、新たな考え方の提示とともに、最新の事例をひもときながら、民間や市民の取り組みにもとづく、人と都市のつながりを再構築するソーシャルインフラと、それを生み出す最新の都市デザインについて話し合います。

プログラム

●第1部 解題編

・人生100年時代の都市デザイン
ソーシャルインフラの多様な展開を支える4つのアプローチ(東京工業大学・真野洋介)
・人生の豊かさから考える都市デザイン(東京工業大学・坂村圭)

●第2部 事例編+ディスカッション

・都市は交感と創造のステージになる:東急歌舞伎町タワー(久米設計・井上宏)
・自然の中まで回遊し滞留する空間体験:湯河原惣湯Books and Retreat(アール・アイ・エー・中尾俊幸)
・資本主義社会に依存しない新しい地主のあり方(東京工業大学・小永井あかり)

記事をシェアする

公開日:2024/05/01/最終更新日:2024/05/02
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ