地域経済×活性化のキーワードは「関係人口」から「株主人口」へ。 SUUMO編集長&名プロデューサーが語る、地域価値を生み出す秘訣とは?

主催 株式会社エンジョイワークス
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。
  • 日時:2024年2月24日(土)13:00-14:00
  • 会場:オンライン
  • 定員:100名(先着順)
  • 参加費:無料(LINEからお申込みください)
    *LINEアカウント「ハロー!RENOVATION」よりお申込みください。
    *「ハロー!RENOVATION」を利用されている方は、ハロー!RENOVATIONホームページよりお申込みください
    *オンライン参加用URLは、開催1週間前をめどにお知らせします
    ご不明点は、(株)エンジョイワークス「クラウドファンディングデスク」までお問合せください。
    連絡先:cf_desk@hello-renovation.jp
  • 詳細・申込:https://lin.ee/t2Hm3T8

内容

2023年に国交省が創設した「地域価値を共創する不動産業アワード」。(株)エンジョイワークスは、住民や関係人口の共感・参加を軸にした、地域の課題を解決する持続的な事業が評価され、第1回のアワード大賞を受賞しました!

このたび、選定委員を務められたSUUMO編集長 池本洋一氏と、数多くの地域プロデュースを手がける古田秘馬氏をゲストに迎えてトークイベントを開催。

セッションでは、効果的な地域経済のしくみづくりを行っている「香川県三豊市」の取り組み事例をもとに、持続可能なまちづくりやプラットフォームのカタチ、これからの「地域価値の共創」のあり方など、さまざまな切り口から語っていただきます!
どうぞお気軽にご参加ください。

テーマ

地域経済✕活性化のキーワードは、「関係人口」から「株主人口」へ。
持続可能なまちづくりのカタチを考える。

ゲスト

池本洋一 氏
株式会社リクルート
SUUMO編集長
1995年リクルート入社。2011年よりSUUMO編集長を務め、2019年からSUUMOリサーチセンター長も兼任。住まいの専門家としてテレビ・新聞などのメディア出演、講演を行う傍ら、国交省、経産省などの専門委員を多数務めている。また東京、さいたま(ZEH賃貸)、軽井沢(サウナ付の宿)、京都(京町家)、米国(コンドミニアム)など多拠点居住、実践的活用を自ら行なっている。

古田秘馬 氏
プロジェクトデザイナー
株式会社umari代表
東京・丸の内「丸の内朝大学」などの数多くの地域プロデュース・企業ブランディングなどを手がける。レストランバスなどを手掛ける高速バスWILLER株式会社やクラウドファンディングサービスCAMPFIRE、再生エネルギーの自然電力株式会社・顧問、医療法人の理事などを兼任。

ハロー!RENOVATION(通称ハロリノ)とは?

株式会社エンジョイワークスが運営する参加型まちづくりプラットフォームです。ハロリノでは、地域住民やまちに関心のある人が主体的に地域活性化やまちづくりの事業に参加できる仕組みを提供しています。使われなくなった蔵を泊まれる蔵に再生したり、古民家や空き家をリノベーションして人が集まる交流拠点にしたり、廃工場をシェアアトリエにすることで、低未利用の不動産を、みんながワクワクする事業を生み出す不動産に変えています。

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ