【受付終了】SDレビュー2018 シンポジウム | 建築がたちあがる時 – 入選者と審査員が語る(2018/10/08)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

©SDレビュー

[概要]
◎開催日時:2018/10/08 14:00~ 17:30
◎会場: 京都工芸繊維大学・60周年記念館
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2NRal2Z

—–
◎シンポジウム
「建築がたちあがる時―入選者と審査員が語る」
日時:2018年10月8日(月・祝)14:00-17:30 (開場13:30)
会場:京都工芸繊維大学・60周年記念館
パネリスト:千葉学、江尻憲泰、平田晃久
司会:松隈洋(京都工芸繊維大学教授)
会費:無料
定員:180名
申込:不要(当日先着順)

主催:鹿島出版会、京都工芸繊維大学
後援:朝倉不動産
協賛:鹿島
http://bit.ly/2NTKWWC

▼関連展覧会

SDレビュー2018
第37回建築・環境・インテリアのドローイングと模型の入選展
http://bit.ly/2NRal2Z

◎展覧会
会期:2018年10月1日(月)から10月27日(土)まで
会場:京都工芸繊維大学・美術工芸資料館
http://bit.ly/2y37MjM

審査員:
千葉学(建築家、東京大学大学院教授)、工藤和美(建築家、東洋大学教授)
江尻憲泰(構造家、長岡造形大学教授)、平田晃久(建築家、京都大学准教授)
アドバイザー:槇文彦、鹿島昭一
入場料:無料

◎関連書籍◎
『シェア空間の設計手法』
猪熊純・成瀬友梨 責任編集
個人の多様なつながりを可能にする計画手法
http://bit.ly/2q3lobz

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ