【受付終了】現代まちづくり塾 | 都市に住むこと, 最高裁判例から見るまちづくり(2018/09/15)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2018/09/15 13:30~ 17:00
◎会場: 文京シビックセンター3階会議室B 東京都文京区春日1-16-21
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2NwEmEv

—–
■「現代まちづくり塾」

日時:2018年9月15日(土)
時間:13:30~17:00
場所:文京シビックセンター3階会議室B
(東京都文京区春日1-16-21)
参加:500円 (はじめての方は、1000円)
※終了後、懇親会有
飲食代は割り勘です(2500円前後)
申込:三橋重昭まで
clc@d3.dion.ne.jp

【主なプログラム】
○第一部
担当:三橋重昭
〈テーマ〉
「第Ⅷ章 都市に住むこと──114.広場、商業、催し、賑わい」
田村明「現代都市まちづくり講座」ー都市の過去・現在・未来(http://gendaimachizukurijuku.org/?page_id=281)より

○第二部
話題提供:弘明寺熊次郎
〈テーマ〉
「最高裁判例からみるまちづくり」
まちづくりには常にカネと公権力が絡むことから、当事者は過去の判例を分析するなど、法律問題について十分な注意を払う必要がある。
─対象の判例
1.長期に渡る都市計画制限と補償の要否
2.住民投票条例の法的拘束力
3.指導要綱における開発負担金

※参加希望者には、以下のレジュメをメール添付でお送りさせていただきます
・『広場、商業、催し、賑わい』レジュメ
・「話題提供20180915最高裁判例.docx」

◎関連書籍◎
#まちづくり 『都市・まちづくり学入門』 日本都市計画学会関西支部新しい都市計画教程研究会 編 時代を担う人材養成のための基礎知識と技法 http://bit.ly/2N9Ijzq

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ