【受付終了】『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規』出版記念対談「建物改修・活用のための建築法規とは?」岸和郎 × 佐久間悠(2018/09/27)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2018/09/27 19:30~ 21:30
◎会場: ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2CD1j4t

—–
『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規』出版記念!
対談:建物改修・活用のための建築法規とは?
岸和郎 × 佐久間悠

━概要
日 時:2018年9月27日(木)19:30~21:30(開場19:15)
場 所:ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー
(http://real.tsite.jp/kyoto-okazaki/access/index.html)
定 員:100名(先着)
参加費:書籍をお買い上げの方、または参加費1000円(税込)をお支払の方
申込方法:店頭または、お電話にて承ります(075-754-0008)
参加費は当日会場にてお支払いください。
主 催:京都岡崎 蔦屋書店、共催・協力:学芸出版社

↓詳細はこちら!
http://bit.ly/2CD1j4t

━趣旨
少子高齢化が進行し、空き家問題が顕在化する中、既存建物の活用が喫緊の課題となっています。一方で検査済証を取得していない建物が数多く存在し、既存建物活用の大きな障害となっている事実があります。今後この問題に対処するには、建築法規に対する理解が必要です。

モダニズムの建築家として、何かと規制の多い京都を拠点とし、また京都の大学で数多くの学生を指導してきた岸和郎と、その教え子であり、このたび『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規』(学芸出版社)を上梓した「建物の法律家」佐久間悠が、建築法規を足かせと捉えるのではなく、逆に建築のポテンシャルを最大化するものであるという考え方について議論をしていきます。

━登壇者プロフィール
岸和郎(きし・わろう):
建築家。1950年神奈川県横浜市生まれ。K.ASSOCIATES/Architecs主宰。

佐久間悠(さくま・ゆう):
建物の法律家。1978年兵庫県神戸市生まれ。建築再構企画 代表。

◎関連書籍 ★9月中旬発売!新刊予約受付中★

『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規
適法化・用途変更・リノベーションの手引き』
佐久間 悠 著
<建物オーナー、テナント、設計者必読のリノベ法規入門!>
★ご予約はこちらから!→ https://amzn.to/2wYNyrL
★弊社書籍ページ → http://bit.ly/2CD1XPr
目次、「おわりに」が試し読みできます!

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ