このイベントは終了しています

【終了】大島芳彦×中谷ノボル|『なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか』刊行記念トーク(2019/8/29|京都)

詳細は主催団体等にお問い合わせください。

『なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか』刊行記念トーク
大島芳彦(ブルースタジオ)×中谷ノボル(アートアンドクラフト)

  “進化するリノベーション”
2人のパイオニアが語る10年後の展望~

リノベーションという“仕事”を開拓してきた、二人のパイオニア、大島芳彦氏と中谷ノボル氏が、今後のさらなる展望を語る真夏トーク。

マンションリノベーションに始まり、リノベーションまちづくり、都市再生へと活動領域を広げるブルースタジオ、同じく大阪を基盤にリノベーション事業、ホステル経営、沖縄進出と野性の勘にしたがって進化するアートアンドクラフト。業界を牽引してきた2人は、いかにこの業界を切り拓いてきたのか、今、一番面白いリノベーションは何か、なぜリノベーションという言葉が今、多様な領域で使われるのか? 開拓者だからこそ説得力のある展望を語り合っていただきます。ふるってご参加ください。

■書籍紹介

なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

著者:大島芳彦+ブルースタジオ
184ページ、2000円+税

不動産リノベーションの企画術

著者:中谷ノボル+アートアンドクラフト
232ページ、2600円+税

■日時

2019年8月29日(木)19:30~21:00(受付開始:19:00)

■会場

タイルギャラリー京都
(〒600-8216 京都市下京区木津屋橋通西洞院東入学芸出版社ビル3階)

■参加費

  1. 本代込①/2000円(1冊:『なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか』)
  2. 本代込②/4600円(2冊:『なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか』+『不動産リノベーションの企画術』)
  3. 聴講のみ/1000円

■登壇者(著者)

大島芳彦(おおしま・よしひこ)

株式会社ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター。
家業である不動産管理会社、大島土地建設株式会社の3 代目代表取締役。東京生まれ。2000 年より株式会社ブルースタジオにて「Re*innovation リノベーション」を旗印に、遊休資産の再生・価値最大化をテーマとした建築企画・設計、コンサルティング事業を開始。近年では団地再生、中心市街地再生など都市スケールの再生プロジェクトなどにも取り組む。
一般社団法人リノベーション協議会理事、副会長。
2016 年「ホシノタニ団地」グッドデザイン金賞(経産大臣賞)受賞。

中谷ノボル(なかたに・のぼる)

アートアンドクラフト代表。一級建築士。宅地建物取引士。
1964 年、大阪市生まれ。国立京都工芸繊維大学建築学科を卒業後、マンションデベロッパーやハウスメーカーで、建築設計・不動産営業・現場監督を務め、1994 年にアートアンドクラフトを設立。本業の他、まちづくりNPO を設立し、街や公共空間のリノベーションにも携わってきた。2012 年に同社沖縄事務所を設立以降は、大阪と沖縄を往き来して各地のプロジェクトに関わっている。著書に『みんなのリノベーション―中古住宅の見方、買い方、暮らし方』『不動産リノベーションの企画術』(学芸出版社)。

■プログラム

  • ①登壇者紹介
  • ②大島芳彦:『なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか』制作のきっかけと経緯
  • ③大島芳彦×中谷ノボル:テーマトーク
    • お二人それぞれ、最初のリノベーションプロジェクト
    • どのように仕事を発展、事務所を発展させてこられたのか
    • 事業を始めてからこれまでを振り返って
    • クライアントの層・特徴、リノベーションの企画・設計内容の変化
    • 最近見られた、特筆すべき事例
    • 自ら手掛けた近年のプロジェクトで最も刺激的なもの
    • 今後の展望、これからの不動産の価値とは何か?
  • ④会場との質疑応答

■申し込み

下記のフォームからのお申込みに不具合がある場合は、下記までご連絡ください。

担当:井口(学芸出版社)
natsumi@gakugei-pub.jp
075-342-2600

記事をシェアする