このイベントは終了しています

【終了】“ちのかたち”で考える、これからの社会(2019/09/14|愛知)

詳細は主催団体等にお問い合わせください。

趣旨

今回のゲストスピーカーは、建築家の藤村龍至さん。

ー“今日の建築がベースとする情報空間と物理空間に引き裂かれ、建築家の役割は工学と社会のみが結びついているとされ、意匠のみ孤立している。”ー(批判的工学主義の建築、2014年9月)

藤村さんは、情報と物理的な条件に支配された、これまでの工学主義的な建築を批判する“批判的工学主義”を提唱、最近では、建築を知識と形態の創造的な関係=“ちのかたち”としてとらえ、ご自身の設計プロセスそのものを客観的に観察されています。これまでの作品やそのプロセスを振り返りながら、次世代の社会をつくる建築のあり方、考え方について伺います。

日時

9/14(土)
12:30- 開場
13:00-14:30 「“ちのかたち” で考える、これからの社会」藤村龍至氏

会場

東桜会館 5F
名古屋市東区東桜2-6-30
(東山線「新栄町」駅1番出口より徒歩5分、桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分)
※恐れ入りますが、公共交通機関でお越し頂きますようお願い致します。

申込み

予約締め切り:9/13(金)
定員に達した場合、早めに締め切らせていただくことがございます。

学生の方はこちら
http://bit.ly/305D0T8

社会人の方はこちら
http://bit.ly/34zQTN3

ゲスト

藤村龍至氏

建築家/東京藝術大学准教授、RFA 主宰
建築家。1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。2010年より東洋大学専任講師。2016年より東京藝術大学准教授。2017年よりアーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長/ディレクター、鳩山町コミュニティ・マルシェ総合ディレクター。住宅、集合住宅、公共施設などの設計を手がけるほか、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、ニュータウンの活性化、中心市街地再開発などのデザインコーディネーターとして公共プロジェクトにも数多く携わる。

主催

中電不動産株式会社

協力

株式会社デンソー

企画・運営

企画・運営:未来デザインラボ

詳細

http://bit.ly/305CS66

記事をシェアする