手書き地図推進委員会 全国の小学生を対象にした「手書き地図アワード2022」の結果を発表

株式会社ロケッコが運営する手書き地図推進委員会は、「手書き地図アワード2022」を開催し、結果発表いたしましたのでここにご案内申し上げます。

■手書き地図アワードとは

地元愛に満ち、作者の独自の視点で描かれるため手書き地図は、まるで物語のように街を愉しむことができる地図の形をした読み物です。手書き地図アワードは、そんな手書き地図の持つ魅力を日本全国各地に伝えるべく2022年にスタートしたプログラムです。

■手書き地図アワード設立背景

手書き地図推進委員会では、小学校の総合の学習の時間の中で出張授業の機会を多くいただいております。年度末には完成した素晴らしい作品を送っていただくのですが「もっとこの作品をたくさんの人に知ってもらう機会はないだろうか?」と考え始めました。普段、私たち手書き地図推進委員会のワークショップを通して完成した手書き地図は、紙に印刷したものはもちろんのことブックカバーや手提げ袋としても流通させ、たくさんの人に見ていただく機会を創り出してきました。小学生のみなさんの素晴らしい作品をたくさんの人に見ていただく機会とともに日本中の地域の面白い物語を共有する発表の場を作りたい。そんな思いからスタートいたしました。

■対象

全国の小学生(1年生〜6年生まで学年は問いません)

詳細

http://www.tegakimap.jp/report/3960

記事をシェアする

公開日:2023/03/20
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ